画廊春 大垣市(彫刻家 奥村信之・白日会 井上慎介・描く詩人 水村喜一郎作品常設) 

画廊「春」作品展示の様子を 画廊犬コテツと共にお伝えします。

画廊春7月の展示② 山川輝夫コレクション

2017年07月15日 | 絵と美術

山川輝夫作品との出会いは20数年程前ですが、当時はお金もなかったので当然手が出ず、ぼんやりと見ていました。

それ以来ずっと忘れていたのですが、数年前に運よく1点購入しました。

現在では3点ほど所有しています。画廊に展示していましたら、偶然にも「お客様が確か家にもあるよ・・・」と話してくださいました。

「風分六抄の絵と交換してもいいよ。」と言ってくださいましたが、まずは見せてくださいとお願いしていましたところ、昨日持ってきてくださいました。六抄さんの絵も気に入っているので、痛いところを突かれてしまいました。正直迷います。

早速展示してみました。

 

こちらの作品です。5号という昔ながらのサイズです。

額が汚れているので交換しなくてはなりませんが、山川輝夫らしいよい絵です。

コレクションに加えるかどうか、しばらく眺めて考えます。

それにしてもこんな小さな町に山川作品が4点もそろうなど、ちょっとした奇跡ではありませんか。

実は近在の版画家さんも芸大在学中に山川先生に教えていただいたことがあると話してくださいました。

山口薫先生と一緒にウイスキーと番茶を交互に飲みながら絵を描いて見えたそうです。

そんな生活がたたってか、51歳で他界されましたが、残存する作品が少ない中で4点もそろっているなんて、ちょっとした遺作展ではありませんか。

 

蒸し暑い時期なので、他にもさわやかな絵を並べました。

常設展というと、ほとんどお客様がありませんが、実は他では見ることができないコアな作品を展示しています。

ちょっと自慢になりますが、常連のお客様からは、公立美術館より充実しているとお褒めの言葉をいただくこともあります。

よろしかったら覗いていただけるとありがたいです。

大垣市藤江町4-14 画廊春 代表 田渡達久

   Tel    :  0584-78-0043 

       Email  :    dentotakkyu@yahoo.co.jp

 

 

 

『絵画』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 画廊春7月の展示② 清水勝さ... | トップ | 傍嶋崇展のお知らせ  (附... »

コメントを投稿

絵と美術」カテゴリの最新記事