山の自然

身近な野山の花、虫や鳥たちの写真を撮ってます。それと農業も。

いよいよ おにぎりパーティー

2016年10月20日 | 食育
精米出来たお米さんは、ボールに入れて洗います。

お米がこぼれないように水を切ります。

羽釜に洗ったお米を入れ、水を入れます。

ドンドン子供たちのお米さんを入れるので、いくら入ったか分からなくなりました。

さあ、困った!

水をどのくらい入れたらいいのかな?

「ばあちゃんが、手を入れていたよ。」と。

良く聞くと、田舎のおばあちゃんが羽釡で炊いていたのを見ていたようです。

そうですね。

手を入れ、男性は手の甲まで、女性は手首まで水を入れたら良いのですね。

後は炊いて、自分の好みの堅さにするのにどこまで水を入れたら良いか決めたらよいですよ。

いよいよ、羽釜にお米さんと水を入れたら蓋をして竈にかけます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 玄米から精米に | トップ | 紙の薪 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL