【神声Kamikoe】

八琉です たま~に更新します 笑

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

目に見えないところにこそ『礼儀』を。

2010年05月01日 | 日記
以前、こんな質問を受けました。
「氏神様へのご挨拶は絶対にしなきゃいけないんですか?」
「氏神様へは定期的にご挨拶に伺ったほうが良いですか?」

古い時代、氏神様とは、血縁関係にある氏族が共通にお祀りする神様のことで、その氏族の祖先神であったり、氏族にかかわりの深い神様であったりしました。
例えば・・・
中臣氏(なかとみし)⇒天児屋命(あめのこやねのみこと)
忌部氏(いんべし) ⇒天布刀玉命(あめのふとたまのみこと)
物部氏(もののべし)⇒布都御魂(ふつのみたま)
藤原氏(ふじわらし)⇒鹿島・香取・春日の神など
・・・とこのような感じです。

現在では、その地域の土地をお守りする神様を氏神様としてお祀りすることが多くなっています。

昔は人々の多くは、生まれた土地で育ち、一生をその土地で過ごすというのがほとんどでした。
ですから、もちろんその土地の神様を大切にするように教育され・・・というよりも、先祖代々親たちがおこなってきたとおりに、自分達の住まう土地の神様を大切にお祀りしてきたわけです。
ところが、時代は下り、今では仕事や学校などの関係や、また自ら望んで生まれたところ以外の土地で生活を営む方が多いですね。一生同じ土地で過ごす人のほうが少ないかもしれません。
そのような社会では、一時的に住まう土地の神様への心も薄れがちです。

しかし、考えてみれば、ある神様が守護されているその土地に、一時的にでも住まわせていただくのです。
“絶対にご挨拶に行かなければならない”のではなく、“ご挨拶に行くのが自然なこと”だとは思いませんか?
御挨拶をしておかないと、何か良くない事がおこるから行くのでもありません。
言ってみれば、仮住まいのアパートの大家さんに入居の御挨拶をしに行くようなものです。

私たち人間の社会において、『礼儀』というものは重要であり、礼儀正しい人のほうが、好感をもたれるでしょう。
それと同じで、目に見えない世界においてもやはり『礼儀』を尽くす事が大切です。
目に見えないからこそ、心を示すということで、行きなさいと強制されてしぶしぶ行くようでは意味がありません。
心が動いて(住まわせていただく、ありがたい)、体が動く(ご挨拶の参拝をする)ことが基本です。

こういった氏神様への参拝を定期的にした方がよいのか・・・
中には、月に一回、二回など日にちを決めて参拝される方もおられます。
しかし、これも、参拝したから得をするとか、いい事があるというのでは全くなく、
心から、日頃の感謝を述べたい、なにか生きていく上での決意を伝えたいなどというときに参拝されるのはよいことだとおもいます。

すべては、心あってのことですね。




読んでくださりありがとうございます。m(__)m
コメントをどうぞ。
ご質問、ご感想、なんでもOKです!記事にとりあげてほしい事などもご遠慮なくどうぞ。


ちょっぴり低迷気味のランキングです(;_;)下をポチッと応援お願いいたします!




ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


『スピリチュアル』 ジャンルのランキング
コメント (19)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 向上のスパイラル。 | トップ | 遅くなりました~ »
最近の画像もっと見る

19 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは〓 (みのり)
2010-05-01 10:46:31
昨日は、盛り塩のお返事ありがとうございます。
八琉先生のコメントにあった「白紙に包み可燃物で出す」に落ち着きました
お忙しい中、本当にありがとうございましたm(_ _)m
Unknown (hachi-ryu)
2010-05-01 11:57:50
みのりさん

落ち着かれたようで・・・(笑)

よかったです(^^)
こんにちは (ぱたぴ)
2010-05-01 12:09:19
八琉さま Soulmateの皆様こんにちは

当社の店に開店ギリギリの9時に入店し売り場をチェックし担当者と打ち合わせをしたあと……9時30分すぎに…「大神神社」へ参拝に行かさせていただきました。

さすがに1日です。平日とは打って変わりいつもの百倍の人だかりです。本殿へ行きご挨拶をしようとした時…「これより月次祭(つきなみさい)を始めます。」というアナウンスがあり偶然なのか?神様の計らいか?大神神社の月次祭に参加をさせていただきました。一時間程でしたが…初めて体験をさせていただきました。本殿内に初めて入り涼やかな風に全身を包まれて神聖な気持ちになりました。

ありがとうございます。m(_ _)m
参拝 (ヒロミ)
2010-05-01 12:42:21
こんにちは

氏神様へ時々参りますと、小さな神社でも手入れされてて、信仰篤い地域の方に感謝ですね。

私の感動話…
1、2年前に熱田神宮の鳥居をくぐり抜けた瞬間、風が吹き木々が揺れ、白い樹花が舞い上を見上げたら、中からあれは鷹?鷲?大きく羽根を拡げて私の真上から鳥居をくぐり出た!
木漏れ日の映す、あまりの幻想的な情景に感動しました

神社の杜は厳かで空気も新鮮な気がします

礼儀…尽くさなくっちゃ

私も、盛りの処分参考になりましたm(__)m

ちょっと失礼 (ヒロミ)
2010-05-01 13:09:41
先生

自称神様が降臨されている霊能者と信者達と伊勢神宮へお参りにいった時…
内宮参拝後へ外宮へ…その時、雨が激しくなり断念
前年は霊能者の鼻緒が切れて断念
だったそうです。

その方、信者使ってマルチ(ねずみ講)広め儲けてる!
ありゃ偽物だ

先生、信者達も汚染されてますかね?

お伊勢さんは、神様が人を騙す霊能者の参拝拒まれたのかな?


神様が写る写真見せられたわ。オーブが三体。あれ神ちゃうわ

一緒に私の霊能有る知人とその教祖が面談したら体の調子が悪くなり強制的に帰された!

知人はあとから「人を騙している。私が見抜いたから調子が悪くなった」
なるほど~、怪しい教祖だと思っていたが、やっぱり!

神の名を語り、霊能使って金を得る人は偽物です!ご注意を
Unknown (吉崎)
2010-05-01 21:53:21
八琉様、皆様、ご無沙汰しております

目に見えない真理のお話を興味深く拝読しております。経済成長後の消費社会の雰囲気で、どんな景気低迷とは言え、衣服・美味しい食物・成り上がりの不動産誇示が後を絶ちません。

今も昔も真実は目に見えないエネルギー体(優しさ・愛・奉仕)に他ならないと、サンテグジュペリーや宮沢賢治のように宗教家でなくとも教えてくれています。まぁ、魂レベルが高いと想いますが。暗い時代になると暗いニュースと明日もない言霊だらけでうんざりしますよね。ですから、最近はニュースを見ててもキャスター同士が満面の笑みを浮かべて話してる瞬間だけ音をつけるようにしてます

きれいな心も言霊も清々しいですね〓

4月27日の宗像大社の記事を見て探偵ナイトスクープで、素っ裸で禊してた映像を思い出しました。
失礼しました。
お久しぶりっす (ぱたぴ)
2010-05-01 22:07:49
吉崎さん

元気そうですね

昨夜は桜花さんも来てました

元気そうでしたよ
Unknown (吉崎)
2010-05-01 22:12:56
ぱたぴさん、本当久々でーす。私はあなたのポジティブさをコメントを通して楽しみにしてまーす下らん批評家話を聞いてるなら、あなたのコメントを読みたい
Unknown (hachi_ryu)
2010-05-01 22:26:05
ぱたぴさん
大神神社の月次祭に参加なさったのですね。
やはり、歴史ある神社だけに、祭事の時は人が多く集まるのでしょうね。

賑わう神社も時にはよいですね。
Unknown (hachi_ryu)
2010-05-01 22:30:47
ヒロミさん
熱田神宮は、いつか写メールをいただきましたよね?
...確か...前の携帯に残ってますよ(^^)


嫌な思い出は、学びだけを得て、わすれましょ(^^)
本当に、気をつけなければいけないですよね。
Unknown (hachi_ryu)
2010-05-01 22:34:58
吉崎さん

久しぶりのコメント、嬉しいです!

知識豊富で面白い吉崎さんのコメントも好きですよ(^^)
Unknown (吉崎)
2010-05-01 23:19:47
先生、ありがとうございます。昨日や本日の教唆には心が折れそうな時に真実の確認と気付きがもらえます。暗がりで目を閉じても真理の認識があると、たとえ一時的であれ確信に至ります。真理の確信がないと自己満(何ちゃって祝詞)奏上になるとかんじるんで。その一時的な確信を1週間から10日に、10日から半月に、半月から20日間、確信の持続をしていきたいと感じます。途切れ途切れは、チャゲアスの若かりし頃の歌だけでいいかなって自分では思います。40過ぎると時間の加速は甚大に生命感に響きます

また、目に見えないお話を宜しくお願いします。
吉崎さんへ (ぱたぴ)
2010-05-01 23:40:07
只今帰ってまいりましたぁ~

この ぱたぴ 金曜日~月曜日までの4日間は夜10時までバイトなのです

吉崎さんのために…

過去私に起きた笑い話を一つ…

ある霊能力者とわたしの会話です

霊) 君の前世は中世ローマの戦士でなおかつ牧師でもあった。(自信満々)

ぱ) 中世ローマですか?

霊) そうだ!(自信満々)

ぱ) 牧師ですか?…

霊) そうだ!(自信満々)

ぱ) おかしいですね…中世ローマでは牧師は存在しませんよ…牧師が登場するのは1600年以降の宗教革命以後のプロティスタントの言い方ですよ~中世ローマのカトリックでは…司祭もしくは司教もしくは大司教もしくは枢機卿もしくは教皇ですよ

霊)………………………

そこらの奴らならいざ知らず…相手が悪かったですね……

吉崎さん 笑っていただけたでしょうか
Unknown (吉崎)
2010-05-01 23:49:24
人望篤いと仕事も人も全部引き寄せますね~体には気を付けて下さいね〓

その話は面白いと言うより、もしその霊能者が真実を教えてくれているとしたら聖職者って言えば良かったのにって想い、期待外れな返しで済みませんm(__)m

先日、高野山に行かれたようで、いいなあと読んでました。最近、行ってないんで。
Unknown (「嵐じゃねーよ」じゃねーよ)
2010-05-01 23:49:46
わたくしも…

笑わせて頂きました

by ヒロミ
Unknown (hachi_ryu)
2010-05-01 23:53:45
ヒ...ヒロミさん

素敵です(#^.^#)


吉崎さんのコメントに笑いました(^^)
Unknown (吉崎)
2010-05-01 23:57:18
ヒロミさん、久々です
ぱたぴさん、エロネタですが、女性に生理周期が巡って来ることをフランス語では「枢機卿に会う」と比喩的に使ったりします赤い衣をまとってますよねそれ以上、何も言いますまい。
Unknown (ヒロミ)
2010-05-02 02:22:23
吉崎さん
ご無沙汰してます。

コメントの感想よろしい?
う~ん、よく分からないけど
男性が女性の周期の話しをしちゃ、いや~ん
Unknown (吉崎)
2010-05-02 06:34:50
ヒロミさん、枢機卿絡みだったからいいんですよ。更に言えば生理周期は月読様のお陰による業で潮の干満同様、宇宙レベルの法則で干潮時に死を迎え、満潮時に生命が産まれることになってる有難い話のベースじゃないっすか〓

お元気そうで

しかし、余談ですが西岡と長谷川瑞穂は時を同じくして明暗を分けましたが、後者の挽回を期待し、同時に自分自身ももっと誇りを持って生きていこうとゆう自信をもらいました。寝直そ〓

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL