【神声Kamikoe】

八琉紫岳の筆による神示をもとにわかりやすくお話します。
魂☆命☆導き☆祈り〜神龍38〜

神棚の祀り方。神札を受けて神棚設置完了まで

2009年11月30日 | 日記
さて、今日もまたまた引き続いて神棚設置についてでしたね。
神棚の祀り方。」「神棚の祀り方。」を先に読んでいただくと、分かりやすいと思います。


神棚を設置するといって、一番大事なお札(おふだ=神札かみふだ)を頂いてくるのを忘れてはいけませんよね。
お住まいの所の氏神様の神社へ行き、まずは神様にご挨拶。
神社参拝の仕方>を参考にしてください。「これからお祀りさせていただきます。よろしくお願いします。」という気持ちを言葉にされるとよいですね。
参拝後、その神社の神札と「天照皇大神宮(天照皇大御神)」と記された神札を受けられるとよいと思います。
ふつう、どの神社でも「天照皇大神宮(天照皇大御神)」様のお札がおいてあります。
この時、<お札を買う>という言い方はしないで下さいね。失礼になります。必ず
<頂く>とか<受ける>というふうに言ってください。


無事、お札を頂いてきたら、さっそく神棚の中へ・・・ではありません!

きれいなバケツを用意し、その中に(適当に一合くらい)・(酒よりすこし多いくらい)・(一握り)を入れて混ぜます。
そこに榊の束を葉を下にして浸け・・・その束でぱっぱっと神棚と設置する場所一帯を清めます。


清め終わったら、ようやく神棚を置き、お札を納めます。これからよろしくお願いしますと心を込めて・・・お札を包んである薄紙は外してくださいね。
この時、お札に息がかからないように・・・ハンカチやティッシュをくわえるといいと思います。

お札を納めたら、お供え物を普段お供えするよりはすこし多めにお供えして・・・
祈ります!
祈りはそれぞれの方の真心で・・・天津祝詞を唱えるとよいでしょう。
神社に神拝詞がおいてあることもありますのでお聞きになってみてください。
私が挙げているのは古神道の天津祝詞です。現在は一般的には古神道のものとは一部異なる祝詞になっております。古神道の天津祝詞を知りたいという方はメールにてお問い合わせください。

神棚を設置したからといって、かならずそこに神様が降って下さるわけではございません。また、神棚は大きいから良いとか、高価な物をおいたから神様が降ってこられるということもございません。
小さくても、高価な物でなくても、日々に心から祈り、心を込めて手入れをされれば、きっと神様が降られる神棚になるでしょう。



《追伸》
コメントはお気軽にどうぞ!
質問でなくても、ご感想や、取り上げて欲しい話題などなんでも結構です。
メール鑑定のご依頼をたくさん頂いております。ありがとうございます。
受付順に鑑定させていただいておりますが、少々お時間を頂くかもしれません。
お待たせして申し訳ありませんが、ご了承ください。m(__)m

下をポチっと応援お願いいたします!




ブログランキング・にほんブログ村へ

★スピリチュアルNavi★

ブログ王ランキングはこちらをクリック!
ブログランキング【くつろぐ】
Mystery−Search




ジャンル:
スピリチュアル
コメント (8) |  トラックバック (0) |  この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加 mixiチェック
« 神棚の祀り方。∪瀉崗貊蠅班要な物 | トップ | 予告 »

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
祝詞 (白桜)
2009-12-01 02:55:09
お祈りの最後に一二三祝詞をあげてますが・・・・
祝詞・・・ (hachi-ryu)
2009-12-01 10:46:22
白桜さん
一二三祝詞ですか。
同じ神道系でも私は古神道の流れを引く神仙道に属しておりまして、そこではいろいろな祝詞がありますが、普段は天津祝詞、大祓祝詞を奏上します。
私自身の感覚では、一番神に通じやすいと感じます・・・しかし、ひとそれぞれ道は違って良いと思いますし、大切なのはどのような心で祝詞を上げるか、だと思いますよ。
祝詞・・・ (tok)
2010-05-14 23:20:12
八琉様、皆様

神棚へのお祈りについてお聞きします。

神棚には、やはり祝詞がよろしいでしょうか?

個人的には、神棚に対しては仏壇と同様に、現状や今日を無事に過ごせたこと、生かして頂いていることへの感謝などを伝えるようにしています。

ただ、自分の努力だけではどうしようもない場合、かつ、どうしても神様のお力を借りたいときは、自分もできるだけ努力をするのでお力添えをお願いします、と伝えるようにしています。また、願いがかなったときはお礼参りを忘れないことを心がけています。

こんなやり方でも失礼にあたらないでしょうか?
Unknown (hachi_ryu)
2010-05-14 23:43:06
tokさん
必ずしも祝詞でなくても、感謝の心を自分の言葉で表す事で十分であります。
言葉に出す事はたいせつです。言霊の力です。

感謝と努力あってのお力添えをお願いする事も、時にはあるでしょう。
聞き入れられるかは、場合により、ちがうでしょうが、礼儀を尽くす事はたいせつですね。
Unknown (tok)
2010-05-15 00:38:15
八琉様

コメントありがとうございます。
私のやり方でも大丈夫なのですね。

お祈りは、声に出すのが良いのでしょうが、家族が傍にいるときは恥ずかしいので笑、心のなかで唱えるようにしています。家族が傍にいないときを見計らって、なるべく言霊の力を借りようと思います。
Unknown (hachi_ryu)
2010-05-15 17:12:52
tokさん

それでも良いと思いますよ(笑)

恥ずかしいの、わかります(^^)
古神道の祝詞を教えて下さい。 (赤代真一)
2012-02-17 15:17:20
天津祝詞を教えて下さい。
赤代真一さま (はちりゅう)
2012-02-18 23:53:41
遅くなりましたが、天津祝詞の記事を書きましたのでご覧ください。
神社さんの祝詞とは少し違うと思います(^^)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。