はぶて虫のささやき

日々の出来事について、雑感を書いてます。
映画やスポーツも大好きです!
(旧:はぶて日記)

ある意味、わかりやすい連中

2017-05-15 | 日記
相変わらず頭が悪いことを隠そうともしない民進党の幹部連中。

先週は、彼らが競い合うようにバカ発言を件発していたらしい。

まずは、代表の蓮舫。

国会で安倍首相に対して「拉致被害者はいつ帰ってくるんですか」と質問したそうだ。

http://netgeek.biz/archives/96354

これに対して、安倍首相も激怒してしまったそうだけど、そもそも蓮舫はどういうつもりでこの質問をしたのだろうか。

「拉致問題に対して、私たちも誠心誠意尽くしているのに、自民党は何もしていないじゃないか」・・・という意味にはまったく取れない。

拉致問題どころか、自民党の言うこと・やることにいちいちイチャモンをつけて、ただ邪魔をしているだけだから。

少なくとも、首相に対して聞く内容ではないだろう。

具体的な交渉などが進んでいるわけでもないのに、いきなりこんな質問をするこの女の真意が図り知れない。

たぶん、具体的な年月を聞き出して、それに対してイチャモンをつける、あるいは、後日その通りにならなかった時に、「あの時、こう答えたのに、何も進んでないじゃないか、ウソつき!」とイチャモンをつける。

とにかくイチャモンをつけるためだけに質問した、としか考えられない。

と同時に、拉致問題は他人事だ、と思っていることもしっかりとバレてしまった。


次は、幹事長の野田佳彦

5月13日に、都内での街頭演説の中で、「日本は新たにテロ対策をやらなければいけないくらい安全に不安のある国だったんですか?そうじゃない筈であります」と言ったそうだ。

http://www.buzznews.jp/?p=2108416

これまたアホ丸出し、というか、この男の主張することの理屈が理解できない。

「安全な国」だと、テロ対策はやらなくてもいいのか?

むしろ、テロ対策もしっかりやっているから、「安全な国」と言えるんじゃないの?

実際、現行法ではオウムのテロは防げなかったわけだから、もっとしっかりとした法律を作るべきだと考えるのは普通だろうに。

逆にこの男は、「テロ対策はやらなくてもいい」というよりは「テロ対策はやってはいけない」と言っているように聞こえる。

つまり「現行法の方がいい」と言っているわけだ。

配下に有田ヨシフのようなテロリストみたいな面々がいる党としては、むしろ当然の発言なんだろうか。


最後は、もはや常連となった小西洋之。

自衛隊と米海軍が先月実施した共同訓練について、「武力による威嚇を行っている米軍と共同訓練を実施すること自体が、『武力による威嚇を放棄する』と明記する憲法9条に違反する」と批判したのだそうな。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170512-00000081-jij-pol


この男は、北朝鮮による相次ぐミサイル発射自体が「威嚇行為」だと思わないのだろうか。

さすがにそれはないと思うけど、だとすれば「威嚇行為」に対して「威嚇行為」で対抗してはいけない、と言っているのと同じで、これまた、野田と同じく「共同訓練はやってはいけない」と言いたいのだろう。

それとも、北朝鮮のミサイル発射は、単なる訓練であって威嚇行為ではない、と言いたいのだろうか?

まあ「1発なら誤射かもしれない」と平然と記事を書く新聞があるくらいだから、「実際に日本に落ちたわけじゃないから、これは威嚇行為でも何でもない」と平気で言うヤツがいてもおかしくはないが・・・


この連中に共通することは、チョーセン(あるいはシナ)の行為に対しては、まったく何も言わないくせに、それに対して対抗措置を取ろうとすると、何だかんだとイチャモンをつけて阻止しようとしていること。

こいつらは、実際にチョーセン半島での有事に巻き込まれた時に、いったいどうするんだろうか。

マジで自衛隊や米軍の行動の邪魔をしそうな気がする。

いや、ホント。

『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 南北まとめて崩壊の序曲か? | トップ | 二度と共催はゴメンです! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。