はぶて虫のささやき

日々の出来事について、雑感を書いてます。
映画やスポーツも大好きです!
(旧:はぶて日記)

小さなEUだと? 冗談じゃない!!

2017-06-09 | 日記
原発事故が起きたからと言って、脊髄反射的に「原発反対」と言っている割には、自身のがんに対しては普通に放射線治療を行ったり、全盛期に電気を大量に使いまくりながら、年を取ると急に「たかが電気」と言ってみたり、言っていることとやっていることが支離滅裂なミュージシャン・坂本龍一。

今度はこんなことを言ったようだ。

「私は2000年ごろから、日本と韓国が小さなヨーロッパ連合(EU)になればいいと考えてきた。EUのように国境もパスポート検査もなく自由に行き来できる政治・経済自由区域になってほしい。隣人と反目し合うという人間種族の生まれつきの習性を理性的に解決しなければ、世の中は円滑に回らない。韓国の近現代史を扱った作品にも参加してみたい」


冒頭の一文だけで「バカか、お前は!」と言いたくなるようなコメントだし、もちろん実現するとも思えない。

インタビューを受けての発言ということだけど、そのインタビューをしたのが東亜日報なので、少しはリップサービス的な部分もあるかも知れないが・・・

基本的にこのおっさん、あんまり世の中のことに詳しくないみたいだ。

「原発」と「放射能」がまったく別物のように考えている時点で、このおっさんの主張には納得できるものがない。

なぜ原発が危険なのか?
事故が起きたら大変だから。

ここまでは、何とか理解できるとしても、「なぜ事故が起きたら大変なのか」という質問に対しては、「放射能がまき散らされるから」となり、さらに「放射能は体によくないから」とつながるはずだろうに、そう言っているそばから、放射線治療を受けている。

もしかして「原発の放射能」と「治療で使う放射能」は違う、とか思ってないだろうか?

それくらい、論理が一貫していない。

EUについても同様。

EUが、今どういう状況にあるのか、ということくらい、いくら新聞やニュースを見なくたってわかるだろうに。

こいつは、英国がEUから離脱するということを知っているのだろうか。

知らなかったとしたら、もうこれ以上何を言ってもムダだろうけど、知っていたとしたら、「なぜ離脱するのか」くらいも少しは理解しているはず。

その上で、「EUのような政治・経済自由区域になってほしい」と言っているとは、もはや狂気の沙汰としか言いようがない。

要は、EUは失敗なわけだろう。

理想はともかく、現実的ではなかった、ということだ。

それを、欧州よりもさらに価値観も民度も違う国同士で、同じような体制にして、それが機能するはずがないだろうに。

「隣人と反目し合うという人間種族の生まれつきの習性を理性的に解決しなければ」とか何とか、わかった風なことを言っているが、隣人と反目し合うというのが「人間種族の生まれつきの習性」というのが正しいかどうかは別にして、少なくとも、その隣人には「理性」が存在しない。

ということは、このおっさんが主張していることの、そもそもの前提から崩れてしまうわけだ。

たぶんこのおっさん、鳩山由紀夫みたいに、人から聞いた話を中途半端に聞いて、それで理解しているつもりで言ってないだろうか。

この手の輩は、特に反日の連中からしたら、とても利用しやすいだろうから、どんどん取り込まれていくのではないか、という気もする。

中には、大江健三郎みたいに、元から頭がおかしい人間もいるけど、坂本龍一の場合は、どちらかと言うと、脳内お花畑なだけ、という感じがする。

でも、ファンが多いだけに、こういう連中ってちょっと厄介だと思う。


ジャンル:
芸能
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« すげ~ぞ ばてぃすた! | トップ | 雑感 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。