はぶて虫のささやき

日々の出来事について、雑感を書いてます。
映画やスポーツも大好きです!
(旧:はぶて日記)

そして、日本一へ!

2016-10-15 | 日記
広島カープが、ついに日本シリーズ出場決定!

クライマックスシリーズ・ファイナル第4戦で、DeNAを8-7で下して25年ぶりの出場を決めた。


しかし、ヒヤヒヤの試合だった。

初回に新井・鈴木やエルドレッドの3ランなど連打で6点取った時には、「今日は楽勝か?」という感じだったのに、先発・岡田が2回表にすぐに2点を取られ、3回にもさらに2点取られて、何だか雲行きが怪しくなってきた。

その後、カープが2点追加して、再び明るい雰囲気になったにもかかわらず、6回に投入した一岡がすぐさま2点を取られて、再度混戦のムード。

結局、もう1点取られたものの、最後ジャクソンと中崎が締めてやっとこさの勝利。

それにしても・・・

今日の緒方采配はちょっと疑問だった。

ボコボコにされた岡田をなぜ5回まで引っ張ったのか?

2回の失点は、エラー絡みだったので、まだ仕方がないないにしても、3回に取られた2点は、完全に岡田の球が原因。

それなのに、5回まで引っ張り、結果的にゼロに抑えたものの、見ていて心配だった。

しかし、極め付けは6回に代えた一岡。

ここで一岡なんて、ゼッタイにあり得ないと思った瞬間だ。

ペナントレースならともかく、あと1つで日本シリーズ出場という場面なんだから、残った投手を惜しげもなく使う場面だと思う。

もちろん、ジョンソンや野村を出せ、と言っているわけではない。

今村・ジャクソン・中崎の3人で4回を抑えればいいのだから、今村を2回投げさせてもよかったし、昨日好投した福井でもよかった。

とにかく、選択肢にはない投手起用だったと思うわけだ。

もしも、今日負けていたら、完全に流れはDeNAにいっていたかも知れない。

そういう場面だったと思う。


しかし、今日の試合での収穫もたくさんあった。

不調だった新井・鈴木誠也がそれぞれタイムリーを打ったし、エルドレッドも貴重なホームランを放った。

とは言え、今シリーズでのMVPは、もちろんこの人。

田中広輔!

4試合で、12打数10安打の打率8割3分3厘。

他にも、4つの四球があるので、16打席でアウトになったのは、わずかに2回という驚異の成績でカープの日本シリーズ出場に大きく貢献した。

「すげ~」としか言いようがないくらいの活躍ぶり。

彼がいなかったら、どうなっていただろうというほど、他の打者の成績が悪かっただけに、ホント助かった。


さあ、いよいよ25年ぶりの日本シリーズ。

相手は日本ハムかソフトバンクかわからないけど、どちらにしても、交流戦では苦戦したチーム。

ぜひ優勝してほしいものだ。


どっちかと言うと、日本ハムの方がいいかな?

みたいな・・・

ジャンル:
スポーツ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« いよいよファイナル! | トップ | 映画評796 ~ 何者 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。