はぶて虫のささやき

日々の出来事について、雑感を書いてます。
映画やスポーツも大好きです!
(旧:はぶて日記)

ばてぃすた!

2017-07-11 | 日記
広島カープが、当面の敵・DeNAに対して、あざやかな逆転勝ちを収めた。

昨日のDeNAの先発は、いまやエースの一人と言っても過言ではない今永。

まだ2年目で、体は小さいながら、その度胸と制球力は、巨人・田口とともに、「こいつは、いいピッチャーだなあ」といつも思っている。

そんな今永に対して、6回までゼロ行進が続いた。

一方、カープの先発・野村も、ランナーを出しながらも、要所で抑えて何とか1失点でしのいでいた。

そして、7回の裏。

打順は7番からだから、当然ピッチャーの野村まで回ってくる。

しかし、野村は次の回の投球に備えてピッチング練習をしていた。

まだ、投球数は100球に満たなくて、あと1~2回は投げられそうな感じ。

もちろん、打席に立つ気まんまんである。

解説者の池谷氏も「2アウトでランナーなしなら、そのまま打席に立たせるでしょう。一人ランナーが出ても、バントをさせると思う」と言っていた。

そうこうしているうちに、7番安倍が打ち取られ。打席には8番キャッチャーの会澤が立っていた。

ここで再び池谷氏登場。

「ここで2ベースが出ると、ちょっとわかりませんね。代打かもしれません」

すると、その会澤が予想通り(?)見事な2ベースを放った。

ここで、緒方監督が出て、代打を告げた。

打席に立ったのは、ヒットも打てるエルドレッドではなく、一発はあるが、ムラも多いバティスタだった。

「えっ?ここでバティスタ? いくら何でも今永は打てないだろう」と思っていた。

そうしたら、何と2球目をレフトスタンド上段のさらに上に貼ってあるネットに突き刺すという、とんでもなく大きなホームラン。

2-1の逆転である。

8回裏にも、今永を継いだ投手陣を打ち崩して、終わってみれば5-1の快勝!?

いやはや、ホントびっくりしました。

当たれば飛ぶ、とは思っていたけど、テレビでリアルタイムで見たのは、これが初めて。

こういう選手がいると、相手ピッチャーもたまらないだろうな、と思う。


最後のヒーロー・インタビューは、いつものことながら、何だかよくわからない問答で、観客も大喜びでした。
ジャンル:
スポーツ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 映画評832 ~ ジョン・ウィ... | トップ | 真実はyoutubeの中だけ! »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (K)
2017-07-11 20:14:49
はぶてさんのことだから、「アライさんの七夕の奇跡」を取り上げると思ったんだが…

https://togetter.com/li/1127596
Unknown (はぶて虫)
2017-07-13 16:55:47
>Kさん

アライさんも、たいしたことをやってのけましたが、あの時は実はヤクルトの不甲斐なさに、ちょっと同情しておりました。
ライアン小川をあのまま続投させることに、ちょっと違和感がありましたからね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。