上手なことと楽しいこと

上手なことと楽しいこと

2016-10-28 09:30:45

おはようございます。

昨日は
子供たちの造形教室に
一緒に行きました!!

連日無理をしないよう言われていますが、
そばにいたいです!!

娘の針使いにはハラハラしました。
「れいかは
刺さっても、全然平気なのー!
痛くないのよー」

いやいや、
痛そうですけど。。。
指の皮 縫いそうでしたし。。。

息子はとにかく
何でも混ぜ混ぜのぐにゃぐにゃでした。

れいかやかんげんには
上手なことではなくて
楽しいことを見つけられる人に
なって欲しいです。

そして
楽しいことを
上手なことのためには
手放さないで欲しいです。

(小林麻央さんのブログ)
----------------------------

ここ数年、新卒で入社した会社時代の交友関係が活発になっていて
なつかしい人たちに会うのだけど、
みんな口を揃えて「あの頃は楽しかった(オンもオフも)」みたいなことをいう。
(確かにオフは楽しい思い出も多いけれど)
私は仕事が、というか会社にいる時間が苦痛でしかなくて
1年半で辞めたのだけど、みんなはそんなに仕事が好きだったの!?と
びっくりした。
反対に、みんなには「そんなに仕事がイヤだったの?」とびっくりされたのだけど。

その会社では「遊びが仕事で仕事が遊び」みたいな言葉が飛び交っていたし
「好きなことなら頑張れる」みたいなことをいう経営者もいる。
でも、私はそういう考え方を「やりがいと個人の時間の搾取」だと思っている。
過労死事件とかも、そういうことと紙一重?
背景をよく知らぬことに軽々しいことは言えないけど。

好きなことを見つけられて、
それを上手になるために頑張ろうって思えるのはすばらしいことだし
できればそうなりたかったと心の底から思う。

私は上手になることがいいことで、
仕事とは上手にできることをやるものだと思っていたが
その発想は順番が逆ってことなんやろか?
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 女性に多い初... 人生でオール... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。