無題・休題-ハバネロ風味-

私の視線で捉えた世の中の出来事を、無駄口、辛口、様々な切り口から書いてみました。

雪道・山形編

2012-01-17 20:36:24 | 動物・自然
久しぶりの晴れ間だった。県庁へ行くので国道47号線を走った。内陸は雪が多いと聞いていたので、心して向かった。今日は助手席に陣取り、カメラを構える。



陸羽西線のトンネルの上の除雪作業。平たいバームクーヘン状の雪の縞模様が面白い。



道路脇の木々からぶら下がるツララの大きさを見て、玉簾の滝を思い出した。



除雪作業中だそうだ。見れば分かる。実はこの前に除雪車が5台ほど繋がっていた。それを撮したかったのだが、狙っている内に赤信号で、分裂した。



酒田市とは違い、内陸の(ここはまだ本合海の手前なのだが)除雪の職人技の凄さを見る。



新庄市に近づくにつれ、雪の高さは家を飲み込む程になる。



花笠音頭の歌詞にもある「雪を眺むる尾花沢」付近。花笠の看板が頭だけ出ている。雪国の看板は低いと使い物にならないのが良く分かる。
尾花沢の街は、帰りに味わう事になる。



尾花沢から村山に向かう国道13号線。4車線なのだが、対向車線は大型車の屋根しか見えない。



途中で、つや姫のトラックを抜く。



標高が違うのだろうか、尾花沢から村山に降りると、途端に積雪量が変わった。



天童市では、道路の舗装が乾いている。



山形市内では、「へ?」と思うほど、雪が少ない。前方に見えるのは県庁。先に芸工大へ寄ったので、いつもと違う道を走る。用を済ませて、材木亭(不思議な名前)で昼食をとる。昼休みの時間を避けたので、店は空いていた。いつもは酷く混んでいて、駐車するのにも困る程だ。

この時期だったら、蒼い雪が見られると、村山の真下記念館に寄ろうかとも考えたが、酒田-山形間の片道で3時間ほどかかったので、ゆるゆると帰る事にする。途中、良さげな除雪のスコップを抱えていた人を見つけて、我が家の貧弱で壊れたスコップを思い出し、一番雪の深い地域のホームセンターに行きたいと私が言い出した。その為、尾花沢の市内に突入する。



すごい。



柿の実の赤い色が綺麗なのだが、外灯とからんで、もう何が何だか分からなくなっている。



晴れ間を利用して、屋根の雪下ろしがあちらこちらで見られた。



圧巻はこれだった。尾花沢の道の駅の屋根に、クレーンで除雪車が持ち上げられ、除雪が行われていた。人力でやるにも、限界があるのだろう。

同じ山形県でありながら、数十分の距離で、こうも降雪量が違うのはどうなんだろうと思う。それでも人々は逞しく生きている。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大雪 | トップ | 玉簾の滝 »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Andi)
2012-01-18 01:57:06
山形市内の写真、どこだか知ってますよ~。本当に山形市内は雪が少なくなりました。小学校に入る前まで、冬は必ずかまくらを作ったものです。雪かきも毎日やらされました。体育の嫌いな人間にとって必要な肉体訓練だったと、今にして思います。

確かに雪の層がバームクーヘン状ですね。食べたくなったけど、イギリスにバームクーヘンはありません。『除雪にも職人芸』に同感です。日本人て、何をやらせても器用ですよ~!
Unknown (yukacan)
2012-01-18 05:24:52
つららがすごい!こうやって暖かいところで見る分には楽しい写真ですが、雪国で生きる方達には本当に大変な生活ですね。それにしてもすごい雪、雪を踏む音とか靴底の感触が懐かしいです。
Unknown (とも)
2012-01-18 10:13:49
ほーっ  尾花沢は違いますね。屋根に除雪車ってすごい! 今朝、テレビで青森と北海道の雪をやっていましたが、別世界のようです。鶴岡酒田は大雪といってもたいしたことないと思ってしまうようでした。

今日は久しぶりにお日様を見ましたよ。嬉しい^^ここんとこ、ずっと暗い空ばかりでしたもの。毎日天気が悪いと、なんか気持ちまで落ち込んでしまいます。

Andiさん、イギリスにはバームクーヘンがないの?そりゃ残念。羽田空港に出店がある年輪屋(ひらがなだったかな)というお店のバームクーヘンはとっても美味しいです。
Andiさん (cake)
2012-01-18 16:33:31
確かに、以前に比べて山形市は雪が少なくなりましたね。私が小学生の頃、クラスに山形市から2名の転校生が来て、「山形は酒田よりも雪が多いけど、暖かい。」と言っていました。2人ともバリバリ標準語だったので、山形は東京と同じに人々が話していると思っていました。(ギャップは凄かったの。)おっと、話が逸れました。酒田は気温は高いのですが、風が強いので体感温度が低かったのだと思われます。子供の頃住んでいた家は、間口が狭かったので、雪かきの記憶はありません。坂道の途中なので、連日道路で滑って遊んでいました。

内陸の除雪の業は素晴らしいです。ガードレールすれすれを、きっかり除雪していきます。国道では歩道もちゃんと人が通れるように除雪されていて、しかも綺麗なんですよ。
yukacanさん (cake)
2012-01-18 16:37:05
つららが大きいですね。我が家の軒先にも小規模のつららが下がっていました。と言うか、落っこちで割れていました。頭の上に落ちたら危ないですよね。

久しぶりの晴れ間だったので、屋根の雪下ろしの風景が多かったです。私は一度も経験がありません。恐いだろうなと思いました。
ともさん (cake)
2012-01-18 16:43:36
屋根の上の除雪車には驚きました。クレーンで上げていたのが午後4時過ぎだったので、2日がかりの仕事なんだろうなと思いました。三寒四温を狙っているのでしょうか。吹雪の時にも行う予定なのでしょうか。いずれにしても大変です。鶴岡酒田の雪は、まだまだ可愛いですね。除雪の仕方はガタガタですが。

久しぶりの青空を見て、輝く鳥海山を見て、やっぱり綺麗だなと思いました。今週の後半も天気は崩れるみたいですね。

バームクーヘンって、1枚1枚剥がして食べたくなりませんか。東京のお土産で有名なバームクーヘンを頂いたことがあるのですが、ともさんの仰っているお店なのかしら。甘い物が美味しい時期ですね。
Unknown (Andi)
2012-01-19 06:16:03
屋根の雪降ろしをするのは、雪の重みで家がつぶれないように、ということですよね。この除雪車、かなり重いんじゃないですか?これが屋根の上に乗れるほどなら、かなりの積雪に耐えられるのではないかと思うんですが・・・? でも、これ以上積もって危険になる前に、降ろさなきゃならないってことなんでしょうね。

羽田空港へ行きたいと思いつつ、まだ一度も行ってません。次回はバームクーヘンを目指して、ぜひ行きたいです。

雪の写真がなつかしくて、今日は仕事の合間に何度も見てしまいました。ありがとうございます。
Andiさん (cake)
2012-01-19 09:58:27
山形県でも、海岸近くの町は軽減されますが、屋根の雪の重さは、1mの高さを300kg/㎡で計算します。一応1mを超えた場合は雪下ろしをする前提ですが、実際はそれ以上の重みに耐えます。除雪車なら大丈夫だと思います。ただ、折版が潰れたりはしないのかなと心配していますが、キャタピラだったら、重さを分散してくれるので大丈夫なのでしょう。ここの屋根の面積は広いですから、人力では無理なのでしょうね。

山形市では、芸工大の近くも走りましたが、今年は本当に雪が少ないですね。通常の道路の除雪も見事なのですが、大雪の年に七日町辺りの歩道も乾いたのを見たことがあって、雪への考え方が違うのだと思いました。
酒田は雪を他へ運ぶ、飛ばすと言う考え方ではなくて、道路の脇へ除けるので、家の前に置かれた雪が、人力で道路の中心へ戻されるので、いつまでも雪のあるガタガタの道路になっています。

Andiさん、成田から山形への移動で羽田は使いませんか?新幹線の方が早いし、本数も多いのでしょうね。震災以後、ちょっとだけフライトの便数が増えたように思えますが、意外に数は少ないですよね。陸の孤島の庄内空港は、着実に便数は伸びています。やはり便利です。

コメントを投稿

動物・自然」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事