無題・休題-ハバネロ風味-

私の視線で捉えた世の中の出来事を、無駄口、辛口、様々な切り口から書いてみました。

まちづくりデザインスタジオ発表会

2017-07-11 10:15:32 | 建築・都市・港

 

昨年の10月頃から建築関係の人が集まって行ってきた「まちづくりデザインスタジオ」も、ついに最終の発表会を行うことになった。7月9日の日曜日、公益大の教室でである。決定してから実行するまで1週間か10日くらいしかなかったのではないか。聴衆は集まらないと思っていたのだが、酒田市長も含めて、こんなにも集まって頂いた。

奥から、緑色が旧港南小学校を含む入船町界隈。黄色が背割り堤と船場町。ピンクが海洋センターと海鮮市場界隈。これらを改造する計画を各自が発表した。

点在する濃いピンクが市内に残る伝統的建物。手前の緑が日和山公園。私は産業道路と臨港線の上に、日和山公園から港に渡る橋を提案した。

手前が海洋センター辺りの模型。奥が背割り堤と船場町の模型。どれも完成度は高い。

船場町に、酒田港を見おろすステージ。

背割り堤の屋外ステージのイメージ。

港を中心に酒田を巡る。

体育館を解体し、港南小学校跡地を改良した物。国道から港が見える。

もう一案は、津波の避難の為の丘として、小学校跡地に20mを超える丘を提案。

現在の海洋センターと海鮮市場を取り壊し、広場と市場、それに路地を造った物。従来の港から小路を抜けて市内に入る動線を重要視した。

建物は1階をキャノピーにして、海が感じられる広場に繋ぐ。これが、女性2人チームの発表。

もっとも出来がチンケなのは、私の作品。皆さん、素晴らしい完成度なのに、何日かかってもこれしか出来ない私は何なのさ!

花見や酒田祭りなどで日和山公園に人が集まる時、駐車場の確保に苦労する。

港の岸壁に車を置いて、大型トラックの行き交う産業道路を突っ切って来るのだが、港に駐車場があり、橋を架けたら良いんでないのが私の意見である。それと日和山公園に子供の遊具が少なくなって、港の遊具とスケボーが出来る空間を繋ぎたい。もう1つは、酒田港駅にはプラットホームが残っているので、催し物がある時には、パークアンドライト方式で、自動車を別の所に置き、臨港線に客車を走らせたらと思う。最後の部分は発言するのを忘れる始末。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 8月は海が熱い | トップ | 土門拳写真記念館の紫陽花 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
文学の碑 (さくら)
2017-07-12 22:15:41
以前、知人の日本文学の教授を時間潰しで日和山公園に案内した事があり、文学の碑に痛く感動されていました。時間つぶしで立ち寄っただけでしたから、あっという間にタイムアウト。「あれは素晴らしい。是非また訪ねたい」と言われていました。文学の碑の散歩道は、もっと評価されて然るべき品のようですよ。
さくらさん (cake)
2017-07-13 09:16:19
せっかく日和山公園に文学の碑があるのに、きちんと読んで回ったことがありませんでした。いつでも見られると言う気持ちと、文学に造詣が深くないのが原因です。
酒田は文人が多く訪れていますね。それと、光丘文庫の古文書や貴重な蔵書の多さを見て、酒田はとんでもない所だなと思いました。多くの人に知って貰いたいと思っているのですが。
海外展望も大事だけど (さくら)
2017-07-13 21:59:16
公益文化大学とかは、地元目線が問われますよ。
さくらさん (cake)
2017-07-14 10:57:51
その意味深な発言の詳細が知りたいなと思います。

コメントを投稿

建築・都市・港」カテゴリの最新記事