無題・休題-ハバネロ風味-

私の視線で捉えた世の中の出来事を、無駄口、辛口、様々な切り口から書いてみました。

酒田港祝賀会

2017-02-22 11:39:31 | 建築・都市・港

2月20日、酒田港ポート・オブ・ザ・イヤー2016の受賞祝賀会がガーデンパレスみずほにて行われた。主催者の市長は体長を崩し、副市長が挨拶された。テレビカメラの隙をぬって携帯で撮影する。

来賓席を撮すも、1枚目は松竹梅の扇が邪魔をして、来賓の顔が隠れ、腰をかがめて2枚目を撮す。

この賞は、公益社団法人日本港湾協会が設けた物である。その元理事長の柏原氏が、今回来賓として参加された。柏原さんは、酒田港の長期構想の時にも、参加して頂いて、酒田港女みなと会議としても深い付き合いがある。久しぶりにお会いできて嬉しかった。

酒田港にはなくてはならない人物の一人の新田氏は、来賓の挨拶の中で、酒田港と中国を結ぶ時の苦労話をされた。視察団として中国に渡った時、酒田や酒田港の名前があまりに浸透していなくて悲しい想いをしたこと、日本海側5港が連携を組んで事に当たったが、東方シルクロードまでこぎ着けるのに、随分と労力と時間を費やしたことを上げられた。

酒田商工会議所会頭の乾杯の音頭で、祝賀会が始まる。

会費から考えると、一人一人の席があっても良いくらいなのに、立席なのねと、女どもは愚痴を言い、その割りにはご馳走の皿を全部回ることもせずに、退席する。明日の準備もあるし、残念だけど。

奥に地酒の試飲のコーナーがあり、まだ飲んだことのない酒類を少しだけ頂く。←本当か!

どんどん唄が巧くなっていく、小鈴姐さん。

舞娘さんの衣装も、晴れやかだった。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 山形へ行く | トップ | 火曜日の検査と現場 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
酒田港 (FUSA)
2017-02-23 17:21:26
「ポート・オブ・ザ・イヤー」という賞があることを初めて知りました。
北前船で栄えた酒田湊の伝統を守っておられるんですね~
最上川からの堆積はどうなんですか?きちんと浚渫をやっておられるんでしょうね!
酒田舞妓さん、いいですね~)^o^(
FUSAさん (cake)
2017-02-24 09:44:58
ポート・オブ・ザ・イヤーは、比較的新しい賞です。年に1度選ばれますが、該当無しの年もあるそうです。この賞を設けることで、地域の港に活力をと考えたそうです。
似たような響きで「カー・オブ・ザ・イヤー」があり、これは連続して受賞できますが、ポートの方はもう2度と受賞は出来ないそうです。

最上川からの砂の堆積をよくご存じですね。最上川は急流で川上からの土砂をよく運び、川自体は中州の発生が酷いです。酒田港は、洪水と堆積する砂の防止で、港と川を堤防で分ける工事を大正時代に行いました。それからも砂との戦いを続けています。港の浚渫は継続しています。海へ流れた砂は、風に乗って陸に戻ってきます。安部公房の砂の女の舞台が、酒田市浜中だと聞いています。防砂林がない時代は、本当に家も埋まって行くそうです。

北前船で酒田湊が栄えた頃は、舞妓や芸妓さんは数百人もいたそうです。美人が多かったそうですが、喋ると酷いズーズー弁で、何を言っているのか判らなかったそうです。
ポート・オブ・ザ・イヤー (FUSA)
2017-02-24 11:05:24
地図で拝見しましたら、たしかに最上川河口と酒田港は仕切られたような形になっていますね。それでも砂の堆積の影響はあるんでしょうけどね。
熊本は有明海が遠浅ということもあって、昔栄えた港は寂れてしまっています。
砂の女の舞台は酒田だったんですね~ 知りませんでした。そう言えば、新潟に行った時、防砂林が続く海岸線で、これは風が吹いたら砂を巻き上げるだろうなぁと思いながら歩いた記憶があります。
ポート・オブ・ザ・イヤーの話をブログで紹介したいのですが、掲載されている写真をお借りできませんか?
FUSAさん (cake)
2017-02-24 16:54:54
現在も、真冬に海岸へ行くと、道路が砂で埋まっています。防砂ネットで砂を止めているにも関わらずです。海岸に近い集落だと、砂の下から色々な物が出てくるそうです。私が本の写真で見たのは、地蔵さんを安置している小さな小屋が数年で半分も埋まったものでした。
有明海の諫早湾は、バスで通りすがりに眺めました。開拓も最初は農地が必要だったんだろうなと思いましたが、駄目だと判断して止める勇気が、政治に欠けていたかなとつくづく思います。島原から熊本へフェリーで渡ったのも、楽しい思い出です。

ポート・オブ・ザ・イヤーの話は、いつか熊本でも盛り上がりますように、どうかお使い下さい。エントリーして、みんなで投票すると、選ばれるかもしれません。この祝賀会の他に、2月3日の記事にも出ておりますので、ご覧ください。
http://blog.goo.ne.jp/habanero-hu/e/f787528514be6a839d35e58686d668a5

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む