無題・休題−ハバネロ風味−

私の視線で捉えた世の中の出来事を、無駄口、辛口、様々な切り口から書いてみました。

茅葺きの技術・日本と世界

2014-07-29 11:46:15 | 建築・都市・港

7月28日、山形市の山形県産業創造支援センター多目的ホールで、茅葺きのシンポジウムが開催された。主催は一般社団法人山形県建築士会である。実は半月ほど前に事務局から電話を受けていた。茅葺きのシンポジウムを行うので、パネラーをして貰えないかと言う相談だった。私は一度も茅葺きに携わった事がなく、その役には向いていないと断ったのだが、「まぁ、いいから、いいから。」と言われ、誰といつどんな話で行うのかも知らず、約束通りに1時間前に現場に着いたのである。こんなに不安なシンポジウムは初めてである。

時間通りに事務局は到着せず、参加者だろう人がホールで待ってはいるのだが、彼らも内容を知らないと言う。開始15分ほど前になって全員が集まり、それから段取りを決める。時間の配分は2時間程度の予定だったが、実際は時間が押してしまい、45分ほどになった。黒い私はほくそ笑む。

基調講演は文化財建造物修復技術者 日塔 和彦氏である。様々な大学の客員教授をやっておられて、出身が山形県の河北町だそうだ。

主に世界各地を渡って茅葺きの研究をされていて、国ごとに使う材料も作業方法も異なっていたのが面白かった。東南アジアやアフリカでは、現在も現役として茅葺きが使われている。

ヨーロッパでは、茅葺きがステイタスとして大規模な住宅でも、マンションの屋上や劇場にも使用されている。

もっとも憂慮する火災においては、下地に耐火板を敷くことによって可能にしている。ただ、これは日本の法律には則っていない。

高断熱高気密も可能だそうだが、ヨーロッパの気候と、日本の高温多湿の気候では、呼吸できない茅葺きは問題が残るのだろう。

火災の実験の様子である。この野地板方式も、日本では用いない。

茅葺きで一度火災実験をしてみたら、なかなか消防の放水が茅の中に入らず(茅の表面が雨を流す為)、少しの種火が残っていても、数時間後に再度発火し全焼に至る事が多いそうだ。

全ての映像を撮っておきたかったが、そうも行かず出来るだけ落書きをしてみる。

頂いたレジメには載っていない各国の茅葺きの映像は、大変に興味深かった。特に住宅は住む場所によって姿が変わる。建築は住宅から始まり住宅に終わるとは、名言である。

帰りに見た大きな赤い太陽が印象的だった。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 港オアシス祭だった。 | トップ | いけずの踏切 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む