無題・休題-ハバネロ風味-

私の視線で捉えた世の中の出来事を、無駄口、辛口、様々な切り口から書いてみました。

いか人参と大根のビール漬

2017-12-03 15:40:15 | 食べ物

先月、福島市の矢吹町で、JIA主催の町営住宅と町づくりの見学会があった。私は行けずに、代わりにS氏が参加して多量の写真を撮って来てくれた。その写真の中に、JIA東北の芋煮会でいつもお見かけする福島県の会員で、いか人参を上手に手作りしている男性が写っていた。名前は存じ上げないが、「あっ、いか人参の人だ!」が引き金になって、無性にいか人参が食べたくなった。スルメはあるし、人参だけ買ってこようと準備し、今日の日曜日に作ることにした。スルメをハサミで切り、人参4本を必死に千切りにした。出来上がってすぐは食べられない。ちょっと味をなじませる為に置く。

さて、これは大根のビール漬である。私はFacebookで家庭菜園倶楽部に入っている。皆さん楽しそうに時には辛そうに、ベランダでの菜園から耕耘機を使っての広大な畑まで、様々な野菜を作っているのを、私は眺めている。穫れすぎて困っている人を見て羨ましいなどと思っている。そんな中で、今年収穫した大根をビール漬けにした人がいた。そこに他の人からコメントがどっさり付いて、どうやって作るのだろうとか、ビールは何でもいいのかとか、盛り上がっていた。その方のレシピはちょっと砂糖が多めで、どんな味になるのか気になったが、一度作って見ねばと思っていた。

レシピ:大根7.5kg・砂糖2kg・酢2合・塩2合・ビール大2本・粉マスタード100g

最近、大根が高い。東根の安達農園で並んでいたのは確かにでっかい大根だったが、5本で1100円もした。1本220円かと諦めた。普通のスーパーでは150-180円である。昨日、中ノ口のCOOPに寄ったら、大1本120円、中1本110円で売られていた。すかさず120円のを2本買い、重さにおののきながら家に帰ってきた。これで作れるとレシピを確認すると、辛子粉がなかったので、作るのは今日になった。

砂糖は半分にし、一個だけ収穫出来た我が家の柚子の皮を剥き入れた。

柚子の汁もギュッと絞って入れた。酢が入っているので丁度良いだろうと思ったからだ。さてその絞りカスだが、このまま捨てるのは勿体ない。だって1個しかならなかったのだものと、コップに入れて炭酸水を注いだ。ぐわっ酸っぱい。次に残りのビールを入れた。なかなか味わい深い。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 12月の山形路 | トップ | 景観審議会 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

食べ物」カテゴリの最新記事