無題・休題-ハバネロ風味-

私の視線で捉えた世の中の出来事を、無駄口、辛口、様々な切り口から書いてみました。

飛翔体

2017-04-05 17:10:58 | 社会

謎の飛翔体が宇宙人の乗ったUFOなら、ちょっとSF的で夢があるが、今朝の6時42分の飛翔体は、後ほどの記者会見で管官房長官が「北朝鮮の弾道ミサイル」と断言された。着弾した場所が日本の排他的経済水域には届かなかったし、失敗かなと思える程飛距離が短かったが、彼らは様々な条件で飛翔実験しているのだろう。狙い通りに性能が上がれば、それはそれで恐怖なのだが、失敗した時にも恐怖はぬぐい去れない。流れ弾が何処に落ちるか判らない博打のようなものである。それに、これが真夜中に行うことはないと誰が断言できるだろうか。

北朝鮮から謎の飛翔体が飛んで、日本に辿りつくのに、どれくらいの時間がかかるのだろうか。発射の情報が危機管理室からTV局に届いて、警報を発するまでの時間は幾ばくか。ミサイルの飛翔時間は、6~7分だそうだ。1発だけなら避けようもあろうが(ないない)、200-300発が同時に、あらゆる方向で飛んできたら、どう逃げよう。目標は首都圏と米軍基地だろうが、先に述べたように流れ弾の危険性を考えると、秋田に近い酒田も安全とは言えないだろう。

さて、もしも万が一当たったら、生命保険は下りないだろう。ミサイルのせいで家が燃えても、火災保険は貰えない事になっている。被災した件数によって、僅かな金額が出る可能性もあるようだが、戦争を仕掛けられた時には、保険会社は責任を免れる事になっている。家が燃えたり、怪我をしたりも大変だが、これが生物化学兵器だったら、これも難儀である。北朝鮮が何故テレビカメラのあるマレーシアの空港で、堂々と金正男を殺せたのか。あれは、北朝鮮にはVXガスも使える準備が整っていることを、世界にアピールする為だろうと私は思う。そんな脅しで、米国は怯むだろうか。米国を心配するよりも、日本国内にみっちりといる工作員の手で、VXガスが撒かれないと誰が責任を持って言えるだろうか。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 避難訓練 | トップ | 花見の準備 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ご連絡 (坂崎 盤音)
2017-04-06 00:05:38
最近生活環境が変化してしまって、cakeサンのブログを拝見できてもなかなかコメできずにおりました。
こどもひろばの四季折々の画像や酒田・庄内の話題など私の大好物なんですけど 笑)

さて、どうでも良いご連絡ですが
私、つい先日まで岩手県北にてcakeサンのブログを拝見しておりましたが、
サラリーマンの悲しい性「転勤」の憂き目に遭い、新しい街での生活が始まりました。

新しい街の特色 その1
とにかく温泉が多いんです。
人口4万人程のこじんまりした街に温泉が12軒程(約3300人あたり1軒の割合)。
入浴料も平均300円前後、温泉好きの私にとってまさに天国です。
(ただし、この料金ですのでシャンプー・リンス・ボディーソープ等は各自持ち込み)

新しい街の特色 その2
国の補助が手厚い街です。
地域は限られますが、住宅の防音工事に対して国の補助がハンパなく受けられ
壁・天井・窓の防音工事に補助が付き、エアコンまで用意してくれるそうです。

新しい街の特色 その3
海外のかたをよく見かけます。
スーパー・コンビニ・ホームセンター・ファストフード店その他街中いたる所で普通ーに海外の方を見かけます。
ちなみに街中では普通ーにYナンバーやAナンバーの車を見かけます。

新しい街の特色 その4
危ない所?
今日のじゃなくて、数週間前に北朝鮮から発射されたミサイルが日本海に墜落した事がありましたが
その延長線上に(射程距離内?)ある街。

そんな街に移り住みました。
報道で話題の刈り上げ坊ちゃんが暴走しないよう祈るばかりです 笑)
坂崎 盤音さん (cake)
2017-04-06 12:00:06
ご栄転おめでとうございます。
以前、私が坂崎さんの転居先の駅に着いた時、何やら若者がどっさり居りまして、「何があったの?」と聞きましたら、ちょうどブルーインパルスが見られる日だったそうで、後ろ髪を引かれる思いで別の場所の会議に向かいました。
一度で良いから、青い空をバックにした勇姿が見たいものだと思っています。

非常に迷惑なことですが、北の将軍が秋田沖延長線上を狙うのは、他の基地だと失敗した時に責任が大きくなるからだと思います。岩国だと南朝鮮の上空を飛ばさねばなりませんし、横田や横須賀には根性が無いので飛ばせませんし、沖縄だとお仲間が揃っているのし、しかも海兵隊の基地だし、練習には不似合いなのでしょう。

坊ちゃんは、祖父の真似をして、他国に武力で脅しをかけ、自分の立場を認めて貰いたいのと、隙あらばお金を集りたいのが目的でしょうが、今回のアメリカに対して「自分の国を核保有国と認めて優遇せい。」といつものように脅しをかけただけだったでしょうが、相手がオバマではなかったのに、気がつかなかったんでしょうね。
米中首脳会談で、どんな結果が出るのかはわかりませんが、今までのようにナァナァでは済まない気がします。この会談の前に、安倍首相との電話会談があったようですが、米大統領もなかなかのくせ者だと思いました。

コメントを投稿

社会」カテゴリの最新記事