赤い彷徨 part II
★★★★★★
永田充不安クラブ♡
 



J-league Div.1 - 2017 season 11th sec.
Niigata 1 v 6 Urawa @Denka Big Swan Stadium, NIIGATA(AWAY)

件の鹿島戦での騒動もあった上、水曜日のメンバーを落としたACLソウルでのアウェイゲームを含めれば、あれだけ好き放題取れたゴールをひとつも奪えずウノゼロでの3連敗というチーム状況、しかも対戦相手は不振で監督が解任されたばかりの新潟さんということでやりにくさもあり、ある意味正念場とも言える試合でした。浦和は森脇が2試合出場停止ということでバックラインの動向に注目が集まっていましたが、右STには何と宇賀神が配置され、リベロには遠藤、ボランチには柏木がそれぞれ復帰しました。他方、GGRでボランチでのスタメンが予想されていた矢島はベンチ入りに留まりました。対する新潟さんは例年どおり守備時はウイングの加藤選手がバックラインに下がる4-5-1の布陣でミシャ式浦和に対応してきました。昨年までアカデミーから浦和に在籍していたGK大谷とは初めての対戦ということになりました。

何ともふわっとした感じで試合に入った浦和が2分にいきなり失点。新潟右サイドから加藤選手がクロスを上げ、ファーで鈴木武蔵選手が頭で合わせたものでした。3連敗中で開始早々に失点ということでイヤな空気も漂いましたが、新潟さんの守備陣が何とも不安定だったこともあり浦和は早々にタイに持ち込みゴールを重ねていきました。6分に浦和右サイドで駒井→槙野→裏抜けしたラファと繋ぎラファのシュート性のクロスに武藤が飛び込み同点。20分には右STを彼なりのやり方で見事にこなしてくれていた宇賀神が右サイドで武藤からのパスをダイレクトで蹴った鮮やかな低空クロスをファーで興梠が合わせてあっさり逆転。31分にはFKからGK大谷の眼前で槙野がチョコンと合わせ、43分にはCKからオウンゴールで4点目。そしてATにはカウンターから関根が押し込んで前半で5点目を奪いの折り返し。途中ラファの負傷退場という心配な場面はありつつほぼ前半で試合を決めてしまいます。

後半開始早々にCKで遠藤が鈴木武蔵選手との競り合いに勝ち、最後は右足で押し込んで6点目。その後も浦和の右サイドから、ラファに代わって入った高木のFKに槙野と興梠のふたりがフリーと言う場面もあり新潟さんの防御はガタガタという印象でした。しかし、負傷明けの柏木に代えて青木を投入するまではよかったものの、宇賀神に代えてチュンソンを投入、阿部がバックラインに下がり武藤がボランチというやや無体なメンバーになってからは浦和の守備も俄然不安定、チアゴガリャルド選手のミドルがバーを叩くなど新潟さんに再三決定機を与えてしまいますが西川のセーブなどで事なきを得ます。逆に浦和もカウンターから再三好機を作ってはいたのですが、そこはセットプレーでやらかしがちだったGK大谷が立ちはだかり追加点を奪うことはできず、結局1×6のままで終了。試合後のインタビューでミシャさんが不機嫌だったように浦和として内容はイマイチでしたが、とにもかくにも大量得点で勝ってイヤな雰囲気を払拭できたのが何よりの収穫。しかも何か首位に返り咲いてみたいだし(笑)

個人的にはホームゲームで大量リードを許しながら最後まで声援を送り続けていた新潟サポさん、特に試合終了後に泣きながらチャントを歌っていた女の子の姿にすごく胸を打たれました。いや、好選手を新潟さんから抜いている浦和ファンの私が云々できる話ではないのですが…。ちなみに今日のDAZN様は途中画像が乱れる場面は少々あれど、いわゆる「くるくる」はほぼほぼなしで割りと快適に見られました。あーでも影の部分がちと見にくかったかな。

J1第11節 新潟1×6浦和@デンカビッグスワンスタジアム

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 5月13日(土)の... 5月14日(日)の... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。