淋しくて隠れ家日記

前向きに生きたい!!

2016-12-24 11:43:42 | 棚の上の本

三津田 信三さんの本は初めてです。
ホラー小説の作家さんだと思っていました。
この本ば読んで間違っていたとに気付かされました。

内容は戦中、戦後の九州での炭鉱物語です。
炭鉱で起こる連続殺人事件の現場には黒い狐の面の男が・・・・。

過酷な強制労働を強いられた朝鮮人炭鉱夫の歴史物語が
事件の根底には悲しみと怒りとが深く息づき漂いながら
オイはじっくりと読ませてもらいました。

ミステリー小説ばってん、それだけとは違うばいと思ったとです。
よか本やったです。

******************************

閑話

今朝の朝ドラでホワイトクリスマスば役者が歌うシーンがあったばってん
失礼ですけどオイは気色悪かったです。
たいした理由は無いとばってん全員が雪がちらつく空を見上げる顔に
ホワイトクリスマスの歌が流れる・・・
失礼ですけどやっぱドラマじゃのぉ~定番の画面じゃのぉ~・・・(笑)。

♪ホワイトクリスマスは中学生時代ソノシートで聴いとった
ハリーべラフォンテがオイには最高ばい!!


 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 読+ぶつぶつ話 | トップ | 2016年読おさめ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

棚の上の本」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL