淋しくて隠れ家日記

前向きに生きたい!!

2017-08-05 12:10:37 | 棚の上の本

芥川賞ば受賞して、ものすごく話題になっていた本やったけん
スグに予約したばってんやっと今日読む事が出来ました。

18年間、同じコンビニでバイトを続けている古倉恵子36歳(未婚)の物語です。

面白かったです。
短時間で読み終えました。

小さい頃から周りに馴染めんで大学ば卒業してからも
コンビニ店員の自分であることでしか自分が見出されない恵子は
世間からは社会不適合者として奇異な目で見られてしまうとです。

普通とは何か?社会の普通と恵子の普通が違っていても
恵子ば応援したくなるとです。
朝のコンビニの音に自分が世界の歯車として動いているのだと実感する彼女。
そんな恵子がいるコンビニに行きたかと思うとです。

そんで
レジの中でフラダンス教室の日程変更やら衣装の色合わせとかば大声で
話しているうちの田舎のコンビニ店員のおばちゃん達にこの本の感想ば訊きたいとも思ったとです。
まぁオイも一緒になって世間話ばしよるとばってん・・・・・・。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  | トップ |  »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

棚の上の本」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL