淋しくて隠れ家日記

前向きに生きたい!!

読 「ぴんぞろ」 戌井昭人

2017-03-13 08:20:20 | 棚の上の本

内容紹介  読メより

浅草・酉の市でイカサマ賭博に巻き込まれた、脚本家の「おれ」
まるでサイコロの目に導かれるように、流れ流され辿り着いた先は、地方のさびれた温泉街。
「おれ」はなぜか、そこのひなびたヌード劇場で前説をする羽目になってしまう。
三味線弾きのルリ婆さんと、その孫のリッちゃん、現実感のないまま三人での奇妙な共同生活が続いてゆくが…

*********************************

戌井さんの本ば読んでいて感じるとは
哀愁の場末で暮らす人々の生き方がジンワリと心に沁み込んでくるとです。
アジフライにドップリ沁みたソースの匂いが本の中から漂ってくるように・・・・・・。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 読 「コーイチは、高く飛んだ」 | トップ | 読 「臨床真理」 柚木裕子 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

棚の上の本」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL