『身辺雑記帳 』

 
 
  - 穏やかな日々に 感謝 して-

運転免許

2017年05月12日 | 日記
昨日、免許の更新に行ってきました

平日の午前中とはいえ、けっこう混んでます

視力検査の声が 丸聞こえなので…、 しかも答が みな同じ

「右、下、左 」
「はい、けっこうです! 次は写真撮影ですから、奥へ進んでください」

ちょっとぉ~ それでいいの 
毎回とはいわずとも、二~三人に一回は 問題を変えた方が いいんじゃないかい

しかし、 にもかかわらず、まったく答えられない ご老人が
*「え~っと 上、 いや左 」
「では、次は どうです」
*「う~ん 右かな」
「線が空いている方を答えてください、次は分かります?」
*「下かなぁ」 「なんか よく分かんないですよ」

「眼鏡はお持ちですか」
*「持ってない」
「家に置いてきましたか、それとも家にも無い?」
*「私、眼鏡はかけないんでね」

「申し訳ありませんが、今の視力では免許更新できませんよ」
*「あれっ そうなの」
「窓口○○番へ行って、説明を聞いてくださいね」
ご老人、納得がいかない様子で去る

いやぁ~
身分証明書代わりに、免許証を持っているだけなのかしら
それとも、運転しているの
あの状態で、車を走らせているのなら、かなり恐いんですけど

高齢者の 運転免許自主返納が言われているけれど、確かにね
安全運転できるか、その能力が衰えていないか、線引きが難しいのは分かるけどさ
ちょっと考えちゃいました


それにしても、私の免許書に貼られた証明写真
ひどいわぁ~ どうして こうも不細工に写っちゃうかな
「なに言ってんの、まんま その顔だよ」 って指摘されたら、さらにショック

あと五年、この写真を携帯するんだよね… アプリで補正したい


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« そうなんだよねぇ | トップ | お別れかな・・・ »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む