はーちゃんの気晴らし日記

気ままに 楽しく 書きくけこっこ!

病院の待合室で

2017年06月19日 | 出来事
土曜日、私が受診した総合病院の外科関係は、外科、整形外科、形成外科、脳神経外科などが一列に並んでいます。
それぞれが、自分が受診する科の前あたりで自分の順番を待つのですが、昨日も書きましたが、私は、前の受診の人が長くて、1時間半以上待たされました。

その間、嫌な気分で待っていたわけですが、私の斜め前に一人の男性が座りました。
私よりは年上だと思います。
70歳台くらいかなと思いました。
黒いショルダーバッグを掛けたまま座ったその男性は、座った途端に突然、大きな声で、

「レ・ミゼラブル!」

と叫びました。
びっくりして、私はその人の方を見たのですが、周りにいる人は、それほど関心を示さずに、それぞれ本を読んだり、スマホをいじったりしていました。
その男性は、活舌が悪く、上手く「レ・ミゼラブル」と言えずに、何回もつまずきながら言い直し、何回目かで正しく「レ・ミゼラブル」と言いました。
背筋をピンと伸ばして、壁を見つめ、大きな声で言っています。
言うと言うよりは、叫ぶという感じがしました。
男性は、「レ・ミゼラブル」という言葉は、それで満足したらしく、今度は

「ビクトル・ユーゴー!」

と言いました。
そして、次に

「ジャン・ギャバン!」

と叫びました。
若い頃、文学青年だったのかな?と思いました。
でも、ジャン・ギャバンは、俳優さんなので、もしかしたら、若い頃観た映画が印象的だったのかなとも思いました。

それにしても、突然、そんなわけのわからないことを言う人が、一人で外出して大丈夫なのかなと思っていましたが、どうやら連れの人がいたらしく、どこからかやってきて、その後、二人で身内の話を始めました。
連れがいて良かったと思いました。
でも、二人の会話は普通で、それだけ見ていると、その前に大声で叫んだあれは、何だったんだろうという感じでした。
「まだら、何とか」というヤツかな?
脳神経外科へ入って行ったので、納得でした。

私は、その病院は初めてだったので、びっくりしたのですが、みなほぼ無関心な様子だったので、そういう人に慣れているのかもしれないと思いました。
それとも、今の時代の「無関心」なのかなぁ。

普段、私は、買い物以外は家からほとんど出ないし、他の人と接触することが少ないので、大勢の人が集まる場所は、ブログネタの宝庫です。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 思い込み | トップ | とろろ騒動 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ソフィママ)
2017-06-19 20:09:55
「思い込み」も読ませて頂きました。

本当に良かったね~(^^)

はーちゃん、待合室の流れ
うんうん、ブログネタは豊富かも

はーちゃんの文才、ブログを通して
プロの目にとまるといいな♪
本気で思いましたよ。
Unknown (コーッターター)
2017-06-20 04:31:53
病院だからまだしもだけど、
バスとかでそういう人出くわしたら、
怖いよね~((´д`))

日常生活は普通なのだろうけど、
街中やお店でも、
付き添いなしで、一人で何かに向けてしゃべりながらの変な人、結構見かけるし、

携帯で会話してる人まで、そういう人かな?、と一瞬警戒してしまう(^^;;


ソフィママさんへ (はーちゃん)
2017-06-23 17:14:53
まだ、ちょっと違和感がありますが、
診てもらって、たいしたことがないのがわかったので、
安心しました。
場所が場所だけに、家族にも話したくなかったし、
病院へ行くのも嫌だったし、一人で悩んでしまいました。

文才・・そう言ってくれるのは、
ソフィママさんだけですよ。
私は、想像力も創造力もなくて、
実際にあったことしか書けないので、
ダメです。
コーさんへ (はーちゃん)
2017-06-23 17:17:52
最近は電車に乗ることは滅多にありませんが、
電車もいろいろな人がいますよね。
昼間の電車もネタの宝庫かなと思います。
電車の中でそういう行為を見ると、
確かにビビりますね。
何か害があったら、嫌ですものね。

病院は、そういう人がいて当然なのかもしれませんが。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む