はーちゃんの気晴らし日記

気ままに 楽しく 書きくけこっこ!

カモの親子連れ

2017年06月17日 | 出来事
主人が、娘の家の犬のまるの散歩に行った時の事です。

娘が、子供達のサッカーや病院へ通うため、どうしても散歩の時間がないとき、たまにですが、まるの散歩を頼んでくることがあります。
私もまるの散歩させたいという気持ちはあるのですが、まるは、身体も大きくなり、体重も増えたため、私では危ないというので、主人が、まるの散歩に行きます。

先日、まるの散歩を終えて家に帰る途中、田んぼの用水で、カモの親子を見かけたそうです。

親鳥が、用水から飛び出して、コガモに同じように飛び出すように促しているように見えたと言います。
でも、コガモは、高い用水の淵へ上ることが出来ずに、用水の中を行ったり来たり。
それに合わせて、親鴨も淵の上を行ったり来たり。

主人は、何とかコガモを淵の上にあげてやりたいと思い、近づくのですが、そうすると鴨は逃げてしまうそうです。
しばらく見ていたらしいのですが、コガモが用水から上がるには、高さがありすぎるようです。
そうしているうちに鴨の親子は、用水の中を泳いで行って姿が見えなくなったと言います。

鴨たちは、行ったり来たりしていたので、また同じ場所に戻ってくるかもしれないと思い、主人は、コガモが上がれる良い方法はないかと考えました。
何かないかと近くを探したところ、手ごろな板があったそうです。
その板をコガモが通れるような位置に斜めにして置いてきたと言います。
また鴨が戻ってくるかどうかはわからないけれど、もし、あの場所へ戻ってくれば、コガモも淵に上がれると思うと言っていました。

その後の鴨たちの様子はわかりませんが、外敵にやられずに育ってくれると良いなと思います。

私の周辺は、どこの田んぼも田植えが終わり、水を張った田んぼの中を鴨が泳いでいる姿をよく見かけます。
先日の散歩の時、私のすぐそばに2羽の鴨が泳いでいました。
せっかく鴨がそばにいたのに、はなが追い払ってしまいましたが、これからしばらくの間、あちこちで鴨の姿を見るようになりそうです。
でも、主人が見たような鴨の親子は見たことがないので、私も見たかったなぁと思いました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 便利な世の中 | トップ | 思い込み »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

出来事」カテゴリの最新記事