フードセーフティデザイン 食品安全情報

食品安全に関する情報を提供します。

食品事件事故情報(食中毒)

2017-11-01 15:53:48 | 食品安全情報
 ※冷やしきゅうりによる腸管出血性大腸菌食中毒(H26.7)

 ・7月27日から8月6日にかけて静岡県静岡市花火大会でO157食中毒発生。
  原因食品は花火大会の露天で販売された冷やしきゅう
  冷やしきゅうりは露天商が当日車内で漬け込み、2箇所の露天で販売
  静岡市は露天商等の衛生管理状況を調査。患者及び従事者1名の検便からO157検出
  8月5日市は健康危機管理対策本部(市長が本部長)を、6日県は健康危機管理対策会議を設置 
  (救急救命、被害状況把握、拡大防止など)(市対策本部は9月10日解散)

 ・原因施設等
  ○花火大会の露天店舗(静岡市内)
   自動車内で購入したきゅうりを仕込み、2箇所の露天で約1000本を販売(7月26日)
  
  ○患者は510名 入院114名 HUS5名(6歳9歳女児を含む)2次感染8名

 ・発生要因はきゅうりの下処理作業時の食品汚染と食品漬け込み液内での増殖などの可能性
 
 ・露天や模擬店の主な食中毒事例
   22.9 東京都 祭りの模擬店 焼きそばフルーツポンチかき氷等 ノロウイルス 63名
   22.8 栃木県 祭りの露天  タコス等  O157   33名
   22.7 神奈川県 祭り模擬店 焼きそば  セレウス菌   5名
   20.10栃木県 イベント模擬店 おにぎり 黄色ブドウ球菌11名
   20.6 名古屋市 学園祭模擬店 クレープ  同上    75名
   18.6 東京都 文化祭模擬店 豚丼     同上    15名
  
   
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 食品事件事故情報(食中毒) | トップ | 食品事件事故情報(食中毒) »

食品安全情報」カテゴリの最新記事