しげの趣味と日常をメモ

写真とビデオなどをパソコンで編集して楽しんでいます。

本四高速道で3泊4日

2016-09-19 14:54:44 | 旅行
JR尼崎南口に集合しレンタカーを借りて9時に出発、この場所は各地から1時間程度で集まれる場所で
最適と思った。最初に向かった行き先は尾道千光寺である。

福山西SAで12時だったので昼食を済ませて、ロープウエイ近くの駐車場に止めて散策開始。
行きはロープウエイで帰りは階段。その後しまなみ海道に入り、耕三寺に向かった。
耕三寺前のアイスクリームを食べて、入り口付近を散策し、初日の宿 大三島の旅館さわき に向かった。
旅館には早めの到着、1日目の行程は終わった。この旅館は魚料理が沢山ありとても美味しく頂いた。 




上図は全工程を地図に書き込んだもので、総行程930kmを走行し予定通り返却した。
2日目は近くの大山祇神社(おおやまづみ)を参拝し伯方の塩の工場見学をして内子に向かった。

 

内子の芳賀家は、戦前に和蝋燭で財を成し、その様子が漆喰壁や屋根瓦などに残っていると
聞いたので、調べていった。その一部を紹介する。

 



その後、一般道を走行し高知市に向かい、ホテル№1高知に6時ごろ到着して
予約していた本池澤本店に歩いて行く。皿鉢料理だけ予約し単品はその日に頼んだ。
カツオのたたき、鯖寿司、いろいろな刺身、果物などの盛り合わせで高知の名物と聞いている。



3日目は、県庁前地下駐車場に止めて、木曜朝市にいく、野菜、魚、干物、加工品などを約1時間ほど見て
高知城に向かう。山之内一豊の城で天守閣の前に住居がある。天守閣まで見てきた。



その後、桂浜に行き散策。坂本龍馬像の前で記念写真。昼食をドライブインかつお船を食べて大歩危に向かって走る。

 

大歩危は上から谷を覗いて、船の出発を見る。30分ほどで祖谷のかずら橋に向かう。
祖谷の宿 かずらや に宿泊。お風呂も部屋も料理も満足の家族経営だった。

 

4日目、おかみさんの奨めもあり奥祖谷の二重かずら橋に行くことになった。
計画はしていなかったが一度行きたいと思っていたところ、みんなが賛成してくれ行くことになった。



左が男橋、右が女橋で野猿もあったが休止中だった。
 

帰りは剣山の山を越えて、脇町のうだつを見学し、ドライブインで遅い昼食をして、帰路につく。



いいコースだったが、高齢者には少しきつい感じもした。山岳地帯は車の揺れも大きいのでゆったりとした計画が必要。











ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 凱風快晴の摺り完了 | トップ | 兵馬俑展を鑑賞 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。