再生可能エネルギーの普及活動

自然を愛する中年おじさんの戦い

挑戦田舎暮らし 長年の休耕田をコスモス畑へ(その15)休耕田の種蒔きが完了しました!

2017-06-18 21:19:31 | 日記
本日、まずは蛇対策として草刈機で草刈りを行い、伸びた草を刈りました。
草刈りも今回で3回目となり、大分熟練してきました。
地面すれすれで草を刈ったため、蛇がいても直ぐにわかるようになりました(直ぐにまた伸びると思いますが。。。)

草刈りを無事終え、残っていた中段の休耕田で畝を作り、コスモスの種蒔き作業を行いました。
3月の草焼きから始まり、約3ヶ月。
遂に休耕田のコスモスの種蒔きが完了しました!
ただ、コスモスの種を注文した際には、現在、葦が大繁殖している下段の休耕田にも種まきする予定だったため、結局コスモスの種が半分近く残ってしまいました(当面は、これから本格的な梅雨を迎え、コスモスが上手く育たなかった場合に備え、予備にとっておく予定)。



一番最初にコスモスの種を蒔いた畝は、イメージ通りのコスモス畑に向けて順調に育ってきました!



ただ、葦を中心とした他の草がこれほど伸びてくるとは予想外でした。元々はコスモスで雑草を隠して草刈りをしないで済むようにしたいと考えていましたが、コスモス以上に成長が早いため、定期的に雑草を抜く必要がありそうです(世の中そんない甘くはありませんでした!)。
仕方がないので毎朝、会社に行く前に畝1本分を順々にローテーションで抜いていく予定(蛇が怖いですが。。。)。

私の済む大分県では5月からこれまで殆ど雨が降っていないため、コスモスが発芽している箇所の殆どが葦の近くとなっています。
恐らく葦の葉についた夜露が茎を伝って地面に落ちた水分を利用しているためだと思います。
そのため、今、葦を抜いてしまうとコスモスが枯れてしまう可能性があるため、雑草を抜くのは次の雨が降るまで待ちたいと考えています(大量にコスモスの種を蒔いた割には発芽率がかなり低いため、次の雨で一気に発芽してくれればいいのですが。。。)。


ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 挑戦田舎暮らし ついに蛇が... | トップ | 挑戦田舎暮らし 大分県のス... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む