再生可能エネルギーの普及活動

自然を愛する中年おじさんの戦い

祝 申請した補助金が交付決定!

2017-07-11 05:38:57 | 日記
今勤めている会社でバイオガス発電所を建設することになり、県の「循環型環境産業創出事業」の補助金に申請しっていたのですが、昨夜ついに交付決定の通知が来ました!

元々はバイオガス発電所の案件は担当ではなかったのですが、会社から「補助金を申請するのでよろしく」との話があり、詳細な事情がよくわからない状況で申請書を書いたため、どうなるかと思いましたが、何とか無事に交付決定の運びとなりました。

補助金の申請書を書くためにバイオガス発電所の状況をいろいろと調べたのですが、

・バイオマス原料をメタン発酵する効率が低く、発電所の燃料となるメタンの発生が少ない ため発電量もあまり見込めないこと。
・副生成物のメタン発酵消化液を「液肥」として利用するには限界があり、余剰分を排水処理するコストが高い。

ため、国の固定価格買取制度を利用しても採算をとるのが難しいようです。

そのため、原料となる食品系の廃棄物を産廃処理費用を貰って何とか施設を運用しているところが殆どで、バイオガス発電所の普及が進まず、全国的に食品系の廃棄物の多くが再資源かされずに捨てられているようです。

2030年のエネルギーミックスではバイオマス発電の普及に大きな期待をしていますが、普及のためには、固定買取制度を利用した場合でも建設コストに国の補助金を使えるようにしないと目標達成は厳しいだろうと実感しました。

全国的にバイオガス発電の原料となる食品系廃棄物は豊富にあり、木質バイオマス発電のように資源の枯渇の心配もないため、是非とも国が音頭をとって普及に努めてほしいと思っています。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 挑戦田舎暮らし 長年の休耕... | トップ | 挑戦田舎暮らし 長年の休耕... »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事