再生可能エネルギーの普及活動

自然を愛する中年おじさんの戦い

挑戦田舎暮らし 長年の休耕田をコスモス畑へ(その8) コスモスの種到着

2017-04-23 21:35:37 | 日記
備中鍬で無謀な休耕田の土おこし作業を始めて、約1ヶ月。

10年以上放棄された休耕田には葦の地下茎が縦横無尽に張り巡らされており、かつ、地表付近に根っこが木のように固くなっており鍬を地面に打ち込んでも殆ど入っていきません。

仕方ないので、根気強く鍬を何ども打ち込んでかぼちゃ大の根の塊を掘り起こしています。

週末だけでは、なかなか作業が進まないため、毎朝4時50分に起きて平日も出勤前に約40分間作業を行い、上段の休耕田の土おこし(実質的には葦の根っこの掘り起こし?)作業が6割程度が完了したため、コスモスの種を注文することにしました。

インターネットでいろいろと調べてみた結果、「タキイ種苗」のホームページから購入するのが一番お得なことがわかり、1kg(約700m2分)を購入しました(1万円程度)。



実家に親の様子を見に行った後、自宅に戻り、「あともう少し」と頑張って土おこしをしていたところ、鍬の柄が折れてしまいました。

そこで、鍬を修理し、再度作業を始めたところ、3分もたたないうちに、柄が再び折れてしまいました。
おそらく柄が折れた際に木の繊維が裂けて強度が著しく低下したものと思われます。
そのため、今日は土おこしの作業が殆ど進みませんでした。
コメリに鍬の柄の部分だけを売っていたので、柄を新品に交換してまたチャレンジしてみたいと思っています。

ホームセンターで販売している家庭菜園用の鍬で今後も土おこしをすることに限界を感じ、プロ仕様の備中鍬は売っていないか楽天で調べてみたところ、値段は1万円程と高価ですが、頑丈そうな鍬がいくつか見つかりました。

その中で、「プロ仕様で抜群の切れ味 本物の農具です。頑丈に造って有ります 秩父型3本備中鍬(万能鍬) (刃巾16cm・刃長32cm・105cm樫柄)」
という鍬を試しに購入してみることにしました。

これで作業の効率が上がればいいのですが。。。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 挑戦田舎暮らし 長年の休耕... | トップ | 挑戦田舎暮らし 長年の休耕... »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事