給食室からこんにちは

2007年10月10日より高見幼稚園で、週4回の自園和食給食を行っています。ご意見などお寄せ頂ければ幸いです。

干し椎茸と昆布をスチコンで乾煎りして細かく割り、ミキサーで粉末にし、手づくり洋風だしを作りました。

2017-04-18 22:08:35 | 幼稚園給食・今日の献立

             

                    ☆10時のおやつ・ほうれん草ポタージュスープ、金時豆煮豆 ☆3時のおやつ・ひじきと梅握り

☆4月18日の献立ですご飯(7分付胚芽米、発芽玄米)
マーボー豆腐(豆腐、鮪ツナ缶、玉葱、白ネギ、生姜、大蒜、小葱、油、米味噌、砂糖、キビ砂糖、濃口醤油、みりん、酒、塩麹
       トウバンジャ、椎茸粉抹、昆布粉抹、ごま油、澱粉)
たたき胡瓜の即席漬け(胡瓜、酢、濃口醤油、キビ砂糖、ごま油、)
筍と春雨のスープ(筍、大豆モヤシ、人参、さやえんどう、薄口醤油、椎茸粉抹、昆布粉抹、塩麹、塩、昆布だし)
炒りいりこ

アレルギ―除去の子は少なくなりました。いままで小麦やごまを除去していた3人の子たちは免疫力が付いたのでしょうか、病院で検査したところ食べてもいいようになったそうです。凄いですね1~2年除去してきた中で、しっかり食べることによって体も大きくなり免疫力が付き食べれるようになったのです。

アレルギ―除去の子は、お友達と一緒の席から離れて先制の横で給食を食べますから、みんなと一緒に食べれることは本当に嬉しいこと・・です。

今月から年少の女の子でアレルギー小麦除去・の子がいます。少しの小麦もダメなので、今日使用するはずの薬膳だしに小麦が入っているというので、薬膳だしを使わないことにしました。干し椎茸と昆布をスチコンで乾煎りしてミキサーで粉末にし手づくりの洋風だしを作りました。

薬膳だしの(漢方野菜で作っただしの粉)使用でなく、栄養士にも話して洋風だしづくりをしました。椎茸粉と昆布粉を合わせて、マーボ豆腐に45g位使いました。出来上がりはいつもより優しい味の仕上がりでした。

スープには少し多めの85g使いましたがこれもやさしい味でなかなか味が決まりませんでした。やはり既成のだしは味が濃い・・ことが良く分りますし、私たちの舌もこれにならされているのだな…と感じました。幼稚園では既成のだしと言えばこの薬膳だしだけしか使わないのですが洋風献立にはこの薬膳を使ってきました。

小麦アレルギー除去予定の子の教室に行き、先生に「小麦の入っただしは使ってません。椎茸と昆布の粉を作ってだしを取りましたよ」・・・と報告すると女の子はほっとしたように皆と一緒に食べるため、自分の椅子に帰っていきました。嬉しそうでしたね。

これから洋風だしについては色々研究してみます。

べべの子はよく食べるそうです(保育所)頼もしいですね・・・!

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 発芽玄米の効能はすごい!玄... | トップ | 菜の花ととうもろこしのあえ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。