goo

開けてみれば


我が家には、コードレスと普通の掃除機がそれぞれ1台ずつありました。

コードレスは購入して1年半なんですが、最近、バッテリーの持ちが
急速に悪くなりました。

普通の掃除機は、もう15年前に亡くなった母が使っていたもので、
こちらも時々爆発しそうな音が出るようになりました。

そこでコードレスを修理に出すついでに、安~い普通の掃除機を1階と
2階にそれぞれ1台ずつ買いました。


早速、買ってきた安~い掃除機の段ボールを開けてみると、

      

実にコンパクトに梱包されていました。

本体だけじゃなく、ホース、ヘッドなどをすべて取り出してみると、



段ボールの箱の中には、緩衝材の段ボールだけが残って、こんな状態に。

そこで緩衝材だけを箱から取り出してみると、



きれいにスッポリ抜けました。

さて、これはどういう構造になってるんだろうかと調べてみたら・・・



何と、1枚の段ボールシートになっちゃいました!
この1枚の段ボールシートを切り抜き、折り曲げ、組み立ててるんですね。


梱包する掃除機とその付属品がすべてぴったりと収まり、衝撃にも
耐えられるように、精巧に包装設計が施された段ボール。

これを包装設計士の方が、知恵を絞って設計し、その通りに加工された
段ボールを、工場の人が手作業で組み立てているんです。


どうやったら、こんな設計ができるのでしょう?!

こういう段ボールの匠の製品を目にする度に、設計する人の頭の中を
のぞいてみたい気がします。


やっぱり段ボールってすごい!! 

We love 段ボール




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 「たる」を知... 『ファウンダ... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。