goo

美食の街でもあります


お腹をペコペコに減らしたまま、サンセバスチャンのど真ん中に住んでいる
エミリオたちの友だちを訪ねました。

ジョセフ、インマ夫妻とその娘のマリアです。


      

サンセバスチャンは美食の街としても知られていて、地元の一家がお気入りの
バルに案内してくれました。 この一帯は、飲食店が目白押し。

だからものすごい人、人、人・・・ と思っていたら、唯一英語が話せる
マリアが、

 「今日は金曜だから、安心してここに案内できます。
  土曜や日曜だったら、大混雑ですから」

 「! 土日はこれよりもっと人が多いんですか?」

 「はい、ものすごい人です」

これでも十分『ものすごい』と思っているのに、もっとすごいのか!




南スペインではタパスと言って、パンの上におつまみが乗っているのが
主流ですが、バスク地方ではピンチョスと言って、おつまみが串に刺さって
いるんです。
ちなみに、奥で天井からぶら下がっているのはハムです。




これ、一体どうやって精算するのかと思っていたら、まず自分たちが座る
テーブルを決め、好きなものを各自取って、テーブルに置くと、店員さんが
やって来て、その品を見て、勘定書きをくれます。
追加する時は、テーブル番号をカウンターの中の店員に伝えます。

何を食べようかな~と考えていたら、

 「あまり取り過ぎないように。
  2品くらいにしておいた方がいいよ」

とアドバイスされました。

それじゃあ、腹ペコで目が回りかけているツノ坊はとても足りないだろうに
と思っていたら、

 「この後、また次の店に行くから」

 「! ありゃま、そういうこと。」


そこでそれぞれ2品程度取って、ツノ坊とシェアしつつ、みんなでワイワイ、
ガヤガヤ、ムシャムシャ、パクパク、ゴクゴク、ゴックン・・・


するとどうでしょう、30分くらいしたら、

 「じゃあ、そろそろ次の店に行こう!」

 「え、もう!」

ということで、また通りに出て、数分プラプラすると、

 「今度はここね」

と別のお店へ。


これがまた、前の店とはまったく違って・・・ いないんです。
同じような店なんです。
ただし、並んでいるつまみは、お店、お店によって特徴があります。

また、ここで1-2品選んで。
ワイワイ、ガヤガヤ、ムシャムシャ、パクパク、ゴクゴク、ゴックン・・・

で、またまた30分くらいで「じゃあこれで」とお店にサヨナラ。

と、

 「もう一軒行く?」

と聞かれたので、

 「バモス!」


次も少し先のお店でしたが、今度はお店の中には入らず、店先のハイ・
テーブルに陣取って、ワイワイ、ガヤガヤ、ムシャムシャ、パクパク、
ゴクゴク、ゴックン・・・

もう盛り上がって、盛り上がって、



自撮りだったけど、写り具合をみんなに見せたら、

 「わ~、うまく撮れてる!
  ぜひこの写真送ってよ」

とノリノリ。


と、

 「さあ、これからデザートにアイスクリームを食べに行くよ」

 「おお、バモス!」


地元で有名なイタリアンジェラートのお店に行くと、

 「ここの名物は、レモンとチョコ」

と言われたので、ツノ坊がレモン、私はチョコをオーダーし、これまた
店先に立ったままで、みんなで 今度は ペロペロ。


サンセバスチャンのジモピーのジョセフ一家のおかげで、美食の街を
堪能することができただけじゃなく、地元の人たちと触れ合えることも
とっても楽しい!

ほんのわずかしか知らないスペイン語のフレーズを何度も使って、
できる限り交流するんです。

そしたら、インマが、

 「ヒデユキのスペイン語の発音はすばらしい。
  練習したら、きっとうまくなる」

って褒めてくれたそうです。

あ~、楽しかった。
あ~、美味しかった。




ホテルに帰ると、こんなきれいな夜景が待ってました。
おまけに花火まで打ちあがって 


オシャレで、グルメで、陽気なサンセバスチャンでした。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 私のセンスで... ぐるりと完全... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。