磯輪日記

ダンボールを通じて世界中に夢を提供したい。
『スピードと対話』を掲げ、
世界一社風のいい会社作りが目標です。

エミリオ一家と

2017年06月22日 20時58分49秒 | オフ・タイム

とうとう出発地マドリッドに戻って来ました。
ということは、旅行もいよいよ最後ということ。


昨夜は自宅に帰ったエミリオが、朝、またアビラまで我われを迎えに
来てくれ、まずエミリオの自宅に連れて行ってくれました。

実はエミリオ一家は、私たちのスペイン行きが決まった後、旅行の
10日ほどまえに、急に自宅を引っ越すことになり、旅行の3日に前に
引っ越したばかりなんです。

だからエミリオは新居ではまだ3日しか住んでいないんです。
そんな状態で、夫婦そろってずっと私たちの案内をしてくれたなんて・・・
お礼の言葉もありません。


自宅では、エミリオたちの子ども、パン・パブロ、テレッサ、マリアに
会い(長男のエミリオJrはアイルランドで働いています)、新居もじっくり
案内してくれました。

立派な豪邸ですが、「マドリッドから1時間くらい離れると、これくらいの
一軒家が買える」とのこと。
緑がいっぱいの高台で、住環境は最高です。


パン・パブロ以外の女の子2人も一緒に、チュロスとホット・チョコレートの
名物店に連れて行ってもらいました。このために我われはパラドールでの
朝食をキャンセルして、万全の態勢で臨んだんです。




お店に入っていくと、オーナーが真剣な表情で調理していました。



極太のチュロスがとぐろを巻いて、今まさに揚がるところです。

      

聞けば、これはチュロスでなく、ポラスと言い、ポラスを上手に上げるのは、
チュロスよりはるかに難しいそうです。

 「どっちを食べる?」

と聞かれたので、

 「両方食べたい。ホット・チョコレートもお忘れなく」




      

チュロスやポラスをちぎって、こうしてホット・チョコレートに浸して
食べるんですが、これがうまい!

そしてチュロスよりポラスの方が肉厚で、モチモチだから、もっとおいしい
ことがよく分かりました。
みなさんもぜひポラスお試しあれ!


油、油してるポラスと、これまた高カロリーのホット・チョコレートという
最強のコンビネーションだけに、そんなにたくさん食べられないと思って
いたけど、朝ごはんを抜いていたこともあり、ついついパクパクたくさん
食べちゃいました。

 「後で相当お腹がもたれるだろうな~」

と二人心配してましたが、そんなことまったくありませんでした。
やっぱりあのマスターは『名人』なんでしょうね。


エミリオ一家は常連らしく、マスターも調理の合間に、我われのテーブルに
挨拶に来てくれました。

 「エスタバ ムイ ブエノ」(とってもおいしい)

って伝えたら、大喜び。

 「日本に出展するなら、ウチの会社が応援するよ」

って言ったけど、

 「日本に行くには年寄り過ぎるよ」

結局、ISOWAの新規事業化は失敗しました 涙





その後、サン・ロレンソへ行き、我われ二人はエル・エスコリアル修道院を
見学し、その間に、エミリオ一家は日曜礼拝へ。


1時間半後、再会し、



みんなで昼食を取りました。

「パエリアを食べたい」と言ってきましたが、その都度、

 「ここはパエリアを食べる土地ではない」

と却下されてきましたが、やっとパエリアにありつくことができました。
と思ったら、2種類も!
サフランライスとイカ墨ライス。どちらも美味しかったな~
大満足!!



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 加工道場でのモノづくり研修成果 | トップ | 懐かしの三枝さん »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

オフ・タイム」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL