磯輪日記

ダンボールを通じて世界中に夢を提供したい。
『スピードと対話』を掲げ、
世界一社風のいい会社作りが目標です。

視察 2, 3

2016年10月08日 20時46分50秒 | オフ・ビジネス

怪しげな雲行き。建物が炎上しているかのように見えます・・・
どういうことでしょう?


充実した東京パック視察を終え、ゆりかもめの乗り場に着き、路線図を眺めて
いたら、

        

ム、ム、ム・・・
『豊洲』とか『市場前』という、今、とってもホットなキーワードが並んで
います。

私がいるのは『国際展示場正門』駅で、ホテルは『汐留』。
つまり新橋方面のゆりかもめに乗ります。

しかしここまで来て、今、話題の 豊洲新市場 を見ずして、帰るという
選択肢は私にはありません。

迷わず、反対方向のゆりかもめに乗って、2つ目の『有明テニスの森』駅を
過ぎ、豊洲運河を渡るところから、左右前方に、新市場が見えてきました。
いよいよ、視察2のスタートです。




左手が水産卸売場棟。




『新市場駅』の左横は商業(売店、レストラン)・観光施設(温泉ランド)
らしいです。


      

右手が青果棟。地下空洞のせいでしょうか、すでに傾いています!
あ、カメラの構えが斜めでした 笑




訪ねて行って、

 「地下空洞を視察せて下さい」

と言ったけど、東京パックの登録証だけでは無理でした。
(もちろん冗談ですよ 笑)


翌朝、新橋付近を歩いていたら、お巡りさんや警備の人、機動隊の車などが
うようよいます。

私にも、



機動隊のバスが2台と警備車が1台、護衛に付いています。
あ、護衛じゃなくって、監視なのかもしれませんね 笑

地下道への入り口も封鎖されているところがたくさんあります。


日本橋でも、あちこちの道から車が締め出され、



お昼時、ビルというビルから続々と人が出てきて、みんな、同じ方向に向かって
急ぎ足で歩いています。




その先をみると、黒山のひとだかりです。

一体なんだ?
分かりましたよね。

はい、これが視察3です。



リオ・オリンピックのメダリストのパレードでした。

100万人の人出予想でしたが、実際には80万人でした。
ということは、両サイドに40万人ずつ。

パレードの距離が2.5キロですから、

 片側40万人÷2,500メートル = 160人/メートル

1メートルに無理して3人並んだとしたら、

 160人÷3人/列=約50列

そうか、最後尾は50列後ろになるんですね。
最後尾の人、選手の顔がどれくらいの大きさで見えたんでしょう?
ご苦労さまでした。

ということで、パレードの視察ではなく、パレードの見物人の視察でした 笑


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 視察 その1 | トップ | 視察 4, 5 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

オフ・ビジネス」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL