磯輪日記

ダンボールを通じて世界中に夢を提供したい。
『スピードと対話』を掲げ、
世界一社風のいい会社作りが目標です。

振り返りつつ先を見る

2016年12月13日 20時31分53秒 | オフ・ビジネス

ISOWAファミリー・オープン・ハウスの週末が明けた昨日、今日、
相変わらず年末出荷機械の立会に大勢のお客様が来社されるので、
私もお客様をご案内したり、一緒に立ち会ったりと、頻繁に工場を
行き来します。

すると何人ものISOWAビトから、

 「社長、土曜はありがとうございました!」

 「家族も大喜びでした!」

 「機械の迫力が想像以上だったと驚いていました!」

と声を掛けられます。中には、私の姿を見つけるとわざわざ駆け付けて
来てくれて、お礼を言ってくれる社員まで。


うれしいですね。ありがたいですね。お礼を言いたいのは私の方です。
そんな風に言われると、しみじみ、
 
  こういう社員のいる、こういう会社で社長を務める
  ことができて、本当に幸せだな~

と感じます。


ファミリー・オープン・ハウスには、ツノ坊やめぐみを抱いてひとみも
参加したんですが、その日の夜、ツノ坊が私に、

 「今日会った多くの社員やその家族など、
  背負ってるものが大きいから本当に大変だよね。
  本当に全力だね」

と突然言うんです。

『全力』という言葉が実に私の気持ちをよく表していたので、思わず、

 「そう、全力なんだ。
  それを辛いとか、いやいややってたら大変だけど、
  本当に楽しいんだ。
  楽しいから、全力でやれるんだと思う」

こんな感じで、夫婦二人でオフサイトやりました。


週が明け、オープン・ハウスにご来場頂いたあるお客様から、

> 特に皆様の笑顔が印象的でした。
> 自分たちの 手塩にかけた機械や職場を外部の人に公開する
> ということで張り切っておられるのが伝わってきました。
> プレゼンも若い人中心にした内容で 真摯さと初々しさが
> 良かったです。
> いずれも きっと仕事に対するモチベーションが大いに上がる
> だろうと想像しました。

というお礼のメールを頂戴しました。


その方へのお返事でも書いたんですが、社員の笑顔こそ、ISOWAらしい
『人にやさしく キカイにやさしい』技術、サービスの源です。

社員の笑顔を技術につなげる。笑顔力を技術力に。



ファミリー・オープン・ハウスという段ボール製の玉手箱を開けたら、
そこから『i機』が飛び出してくる  


ファミリー・オープン・ハウスも社員の笑顔力に大いにつながった。
そんな大きな手ごたえを感じることができるISOWAらしい
イベントでした。


参加してくれたご家族のみなさん、これからもISOWAを応援して
下さいね。

ありがとうございました。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« お腹も大MANZOKU | トップ | 減反、いやいや »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

オフ・ビジネス」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL