goo

やめられない、とまらない


大阪まで新幹線で向かい、そこからは、大阪営業所のYくんとTくんの
運転で、徳島、岡山と回りました。

途中、淡路島のサービスエリアに立ち寄り、コンビニに入ってみたら、
玉ねぎが売られています。

「そうか、玉ねぎって、淡路島の名物なんだ」

そう思いつつ、目線を下にずらすと。。。



たまねぎせんべい?! 思わず、買っちゃいました。


車に戻って、封を開けてみると、出てきたのが冒頭の様なモノ。
たまねぎせんべいという名前からイメージしていたモノとは違いましたが、
食べてみると、確かに玉ねぎの香りがします。でも玉ねぎの味はせず、
同行のYくん曰く「味は鹿せんべい」です。

私は、2-3枚でやめましたが、「鹿せんべい」と評したYくん、なんだ
かんだと言いながら、いつまでもパリパリ、ポリポリ。。。
運転中のTくんも気に入ったようです。

それに目をつけたYくん。
一人で食べ続けるのがさすがに気が引け、自分が一枚食べると、Tくんにも
一枚手渡します。するとTくん、ちょっと照れくさそうに「ありがとうござい
ます」と言いながら、美味しそうにほお張ります。

これが延々と続きました。
その間の、二人の間合いが何とも言えず、絶妙でした。


夕方、岡山のホテルにチェックインすると、

「社長、岡山名物探してありますから」

と。。。



連れて行ってくれたのが、えびめし。見た目、真っ黒! ちょっとドキッと
します。
ソースで炒めた、海老チャーハンみたいなものです。
岡山のB級グルメのようですが、初めて知りました。

特別美味しいってものではありませんが、変わっていて、一度食べるには
いいと思いました。

その後は、岡山で合流したIさんも一緒に、デザートにケーキを食べに行き
ました。

グレープフルーツのジュレを食べたYくん。
『ジュレ』という言葉に引っ掛かって、お店の女の子に、

「ジュレとゼリーって何が違うんですか?」

と尋ねると、答えられなくって、奥へ引っ込んでいきました。
すぐに先輩らしき女性が出て来て、

「一緒です。言葉が違うだけです」

「。。。。?」

Yくん、今夜は寝られそうにありませんでした。 笑

コメント ( 4 ) | Trackback ( 1 )
« マッキー&ホ... ミステリーツアー »
 
コメント
 
 
 
せんべい (Yです)
2011-07-15 08:39:07
玉ねぎせんべいは香りは玉ねぎですが
味はせず、不思議でした。
そのギャップの確認のため、
ついついもう一枚、もう一枚と...手こずっておりました。
※味は鹿せんべいならぬ、高○せんべいです。

ジュレって何とお洒落なネーミングでしょうか!!
勉強になりました。
今日も一日よろしくお願い致します。
 
 
 
えびめし (Tです)
2011-07-15 22:15:08
以前、岡山地区担当していましたTです。
私も何度か、別の店で、オムえびめしを食べました。
初めてお昼に行った時、並んで待っていると、見知らぬオバサンから「ここのオムえびめしは卵がふんわりで美味しいよ」と薦められた事が、妙に記憶に残っています。

「玉ネギせんべい」は初体験でした。

ごちそうさまでした。

 
 
 
毎日が勉強 (磯輪)
2011-07-15 23:23:26
 Yくん

世の中広いね。
毎日が勉強だ。
ありがとう。
 
 
 
私は、 (磯輪)
2011-07-15 23:25:34
 Tくん

Tくんのお気に入りは、オムえびめしだったのか。
私は、Yくんと共に、ただのえびめしにしました。
でもIさんはオムえびめしでした。

今日、岡山のお客様に聞いたら、

 「えびめしは、自分が子どものころからあったよ」

歴史があるんだね。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
玉ねぎ煎餅 (ユニークなケミカルカンパニー)
今年の7月、神戸へ出張した時に購入した「玉ねぎ煎餅」 数ヶ月間、飾ってあるだけでインテリアになっていましたが、 賞味期限があと10日に迫っていたので、慌てて開封。 私の風土改革の師匠である磯輪社長のブログ「磯輪日記」で 玉ねぎ煎餅の存在を知りました...