磯輪日記

ダンボールを通じて世界中に夢を提供したい。
『スピードと対話』を掲げ、
世界一社風のいい会社作りが目標です。

『流離』

2017年07月15日 21時05分54秒 | こんな本読みました

先月、山梨のジャガーさんを訪ねた時、

「歴史小説が好きなら、ぜひ読んでみてよ」

と、佐伯泰英さんという作家を紹介されました。

私はまったく知らない作家さんでしたが、ものすごくたくさんの本を出している
そうで、聞けば聞くほど、どれを読んだらいいか分からなくなるので、

「一番のオススメはどのさくひんですか?」

と質問しました。 その時の答えが、吉原裏同心シリーズの第1巻の『流離』
でした。


帰宅して、早速購入して、他に読みかけの本があったけど、それを中断して読み
ました。

ジャガーさん曰く、

「このシリーズの根本にあるのは『愛』です」

まさにその通りでした。

剣豪同士の立会いの場面ではハラハラドキドキするけど、確かに メインの
テーマは『愛』でした。




そういうストーリーの面白さに加え、吉原という幕府公認の遊廓とそこでの
文化を少しだけでも知ることができ、そういう面での楽しみもありました。


じゃあ第2巻をと普通なら続けるところですが、この吉原裏同心シリーズ
だけでも全22巻もあるんだそうです。
さらにジャガーさんによれば、どの作品も長いシリーズ作品で、中には50巻を
越すシリーズもあるとのこと。

1巻を読んだ 吉原裏同心シリーズだけにしても、これから20巻以上続けて
読むと、他の本がしばらく読めなくなるので、後ろ髪を引かれつつ、残念ですが、
ここでとりあえず一旦中断します。


ジャガーさん、ご紹介、ありがとうございました。


ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« こんなところでアルバイト!? | トップ | お見合い大作戦。わが家での顛末 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
読みました。 (D社のH)
2017-07-15 21:42:41
お久しぶりです。佐伯泰英さんの「中には50巻を超すシリーズ」とおしゃっている「居眠り磐音 江戸双紙」シリーズ全51巻を今年の春 読み終えました。すごく面白く、いつも次の巻が出るのを待ちわびていました。NHKテレビ時代劇シリーズでも前半の部が放映されていました。それにしても全51巻は長すぎますね。
やりましたね! (磯輪)
2017-07-16 20:36:11
 D社のHさん

51巻、大人読みですね 笑
Unknown (ジャガー)
2017-07-21 21:41:17
磯輪さん、無理やり読んでいただきありがとうございました。これから良かったらまた挑戦してみて下さい。
とんでもない! (磯輪)
2017-07-22 19:14:21
 ジャガーさん

無理やりなんて、とんでもない。
紹介してもらい、うれしかったです。
楽しく読みました。
読みたい本が途切れた時に、2巻目以降読んでみます。

コメントを投稿

こんな本読みました」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL