石川洋子≪作家≫夢の途中 Yoko Ishikawa リニューアル中 

★☆北区つかこうへい劇団出身、リニューアルの途中?

母・ダイアナ妃を亡くし、錯乱状態に陥ったと言われるヘンリー王子の悲劇

2017-04-20 15:00:00 | ニュース
 
 Maclean's(出典)
 エリザベス女王を前にしてもお茶目王子



 Mirror(出典)
 
 次男のヘンリー王子が母のダイアナ妃を突然の事故で亡くしたのは12歳の頃だそうだ。

 彼はあまりに突然のことにずっと母を亡くしたということを受け入れずに来たという。


 どちらかというと色々なスキャンダルを流してきた背景にはそんな王子の心情が反映されていたのかもしれない。

 しかし20代後半になってそれが隠し切れず、兄とカウンセリングを受けるようになると封印していた母への感情が爆発し、2年近く錯乱状態に陥ってしまった。


 どんな事情であれ、そんなに早く親を亡くせば、子どもの心情としてそうだろうと思う。

 ましてあの事故のあった日は、本当なら王子たちに会うために英国に帰国する予定だったが、当時恋人と言われた男性がプロポーズをする予定だったので、強引に引き止め、フランスにとどまったという。

 その結果が若い交通事故死に繋がる。


 そりゃ、受け入れられないだろう。

 辛すぎるもの。


 ある心理学者が言っていたが、女性の場合なのかな?30歳前後でそれまで隠してきた感情が隠せなくなるそうだ。

 個人的に凄い覚えがあったりして?

 ヘンリー王子にもそれが当てはまる気がした。



 結婚が近いのではと言われる米国女優も少し年上のようだし、どこか母親に似ている部分があるのかしら?

 キャサリン妃の妹のピッパ(フリッパ)がこの5月に結婚するが、その恋人と共に出席するそうだ。


 英王室の男性って、みんな1歳でも年上の女性と結婚している。

 やはり母性を求めた結果なのかもしれない。 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« BONES 出演者たちの今と子ど... | トップ | BONES やったー♪ボーンズ12D... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む