石川洋子≪作家≫夢の途中 Yoko Ishikawa リニューアル中 

★☆北区つかこうへい劇団出身、リニューアルの途中?

え?キャサリン妃とウイリアム王子の第3子を巡る緊張状態、思わぬところから待ったの声も

2017-08-08 22:00:00 | ニュース

 AOL.com(出典)

 ポーランド訪問時から事件は静かに起きているらしい。

 この訪問時乳幼児用のものをプレゼントされたというのは前にも書いたが、これがぬいぐるみだったらしい。

 これに対して、キャサリン妃が「もっと赤ちゃんをもたなくてはね」と発言をしたところ、ウイリアム王子は微笑みさえ返さなかった。

 そこから子ども問題を巡って夫妻は緊張状態にあるという。

 もしできたらとキャサリン妃は、彼は出ていくわとまで言ったとも。


 よう判らない。
 
 この方たちにとっては子孫を残すことも1つの仕事だろうに。

 普通の家庭で、生活が苦しいのにと言っていてなら、判る気もするが、どうしてこういう話になるのか。

 2人の子育てでウイリアム王子は参っているのか?

 それともそろそろキャサリン妃に…愛情がなくなったとか?

 キャサリン妃ばかりが目立つのが、気に障っているかと?

 いろーんなことが重なって、このような緊張状態になった?


 判らんわーー。


 しかし思いがけないところから、第3子はお待ちくださいと声が上がった。

 小家族化の必要性を訴える米国団体だ。

 ここが、ウイリアム王子とキャサリン妃にこれ以上子どもを作らないようにと手紙を出したというのだ。

 理由は英国の環境や天候の大異変を防ぐための見本になってほしいらしい。



 いやいやいや、なんか意味が判らない横やり…じゃないか。

 これは夫妻で決めることだから、お願いすることとも違うような…。


 でも第3子問題で何故そんなに揉めてると言われるの?

 ネタがないから?

 じゃ、ヘンリー王子にさっさと婚約してニュースをばらまいてもらわないと


 キャサリン妃、離婚も辞さない第3子小作り宣言


 とか書かれますわよ。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« クリミナルマインド 最近の... | トップ | 暑いのやわ、でももっとホッ... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む