石川洋子≪作家≫夢の途中 Yoko Ishikawa リニューアル中 

★☆北区つかこうへい劇団出身、リニューアルの途中?

キャサリン妃、実はブラック雇用人?それとも夫婦仲のしわ寄せが?

2017-06-02 03:00:00 | ニュース
 
 ABC News(出典)

 先日は妹のピッパの結婚式で見事に裏方に徹したキャサリン妃だったが、どうも不穏な話が出て来た。

 常にプリンセスはなんだかの話題をまかないといけないのか?


 今度はウイリアム王子とキャサリン妃の自宅の中で問題が起きた。

 彼らのハウスキーパーが仕事がひどいと言ったそうな。自分の私的な時間がまるでないという状況になっているそうだ。


 彼女はセイディ・ライスという35歳の女性だ。


 The Sun(出典)
 噂のセイディさん、ドアップ掲載


 彼女のことは以前も書いたことがあると思う。

 元々はケンジントン宮殿で使用人をしていた。そのあと、ノルウェーのホーコン王太子とメッテ=マリット王太子妃のもとで5年間働いた。

 15年にキャサリン妃から請われ、アンマーホールのハウスキーパーとして働くことになった。

 まるで「王室渡り鳥」と表現した記憶がある。

 彼女は今、アンマーホールに住み込み、掃除、洗濯、買い物、料理の家事を担当しているそうだ。

 これって彼女1人なのかな。

 その年収は約500万円だそうだ。

 ハウスキーパー、それも王室関係となると、額が桁違いだ。

 やはり仕事が有能ということもあるだろうが、秘密を守れる人というのが大きな条件だろう。

 けれど、仕事が多すぎて自分の時間がまるでないということだ。

 キャサリン妃は1年のうち、3分の2をこのアンマーホールで過ごしている。

 セイディは働き者で十分に期待に応えるようだ。


 王室もデリバリーカレーなどを食べるそうだが、それは使用人がわざわざ店へ出向いて買ってくる。

 これも彼女の仕事?

 とにかく働き者でも参るほど仕事が多いらしい。

 そして今度ケンジントン宮殿へ移るが、そこで働いてくれと言われているそうだ。

 古巣の仕事場へ戻るということですね。

 けれど、それにより、セイディの仕事量は更に増えると言われている。

 それで悲鳴が上がっちゃった。


 The Inquisitr(出典)


 一部ではウィリアム王子が旅行中に羽目を外したことにキャサリン妃がおかんむりだったけど、許したという話もある。

 実はこの頃、キャサリン妃も先日結婚したピッパと旅行に出ていたらしい。

 けれど、キャサリン妃はやはり夫の行動が許せず、2人の間はあれ以来危ういものがあると言われている。

 そのしわ寄せがセイディにも来ているのでは?それで仕事量が増えたんじゃ…という話もある。


 彼女はエリザベス女王には気に入られていたらしい。

 キャサリン妃もわざわざ他に働きに行っているのを呼び戻したくらいだから、お気に入りだったんだろう。

 しかし、今回は無理だったらしい。

 彼女は退職してしまった。


 実際、セイディの仕事量がどれくらいで、本当に、夫婦仲の悪いしわ寄せが出ていたのか、事実は闇だ。


 でも、7月に入るとキャサリン妃のトップレス裁判の判決?でいいのかな、それも出る。

 そもそも1年の3分の2は家にいるキャサリン妃は、やっぱり専業主婦感覚なんだろう。

 これからは、欧州などと英国を結ぶ役割を果たすから、それもできなくなるだろうが…。


 そしたら、余計使用人扱いが荒くなっちゃったりして?


 こういう話が大衆紙に出ること事態が、将来的にキャサリン妃の家の中の暴露へつながらないかとちょっとした不安を残す。

 あちこち、王室を見ているセイディ・ライスさんも、知りすぎているだけに口は堅いかもしれない。

 喋った方が最後、その報復は高くつく、それをよくご存じかも?


ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 只今「リゾーリ&アイルズ」... | トップ | 毎日楽しいパスタ漬け♪人との... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む