dolcevita   

La bellezza di un loto

古武道

2012年09月27日 | ライブ(音楽)

2012年 9月 25日 (火) 19:00~ @東京オペラシティ コンサートホール
http://www.operacity.jp/

1階 12列 8番


KOBUDO-古武道-
~尺八・チェロ・ピアノコンサート~

「愛を奏でる」

古川展生(チェロ)

妹尾武(ピアノ)

藤原道山(尺八)

<第一部>

翼~TBS系「NEWS23」テーマ曲(妹尾武)
TANGO-J(古川展生)
いま、会いにゆきます~River of Dreams(妹尾武)
アメイジング・グレイス(スコットランド民謡)-藤原道三solo-
荒城の月(瀧廉太郎)-古川展生solo-
歌劇「リゴレット」より(F.リスト)-妹尾武solo-
ハンガリー狂詩曲第2番(F.リスト)
「クレイマー・クレイマー」よりマンドリン協奏曲(A.ヴィヴァルディ)
「恋人たち」よりシンフォニー第3番第3楽章(J.ブラームス)
 ピアノ協奏曲第2番第2楽章~3楽章(S.ラフマニノフ)

<第二部>

百花繚乱(三代目杵屋正次郎)
燃える秋(武満徹)
見上げてごらん夜の星を(いずみたく)
「風と共に去りぬ」よりタラのテーマ(M.スタイナー)
「海の上のピアニスト」より愛を奏でて(E.モリコーネ)
「ニュー・シネマ・パラダイス」より ニュー・シネマ・パラダイス(E.モリコーネ)
「タイタニック」よりマイ・ハート・ウィル・ゴー・オン(J.ホーナー)
地平を航る風に(古川展生)
リベルタンゴ(A.ピアソラ)


<アンコール>

イツクシミ(妹尾武)

昨年は聴けなかった古武道
今回はオペラシティに登場!
結成6年目を迎え3人の息もぴったり

照明も凝っていて曲ごとのイメージが膨らむ
舞台後方上部のパイプオルガンが竹林さながらに思わせる蒼や
山なみに沈む夕陽のような朱

ソロのコーナーでは本来の活動とは違うジャンル
藤原→ポップス  ゆったりと絶妙な「溜め」が情感を盛り上げ
古川→邦楽  時代劇に見る荒野を吹く風のような物悲しさ
妹尾→クラシック  ピアニスト(音楽家)はアスリートさながらに
日々の鍛錬、練習の裏付けがあってこそ
聴衆を感動させるものなのだと思った。

今回は「愛を奏でる」のテーマのもと
なじみのある映画音楽が多く取り上げられたが
一部・二部のどちらかにまとめ
ラスト前に少し長い曲を持って来たら良いのかも

前日にjazzライブに行ったので
ついソロの後に拍手しそうになり
ああ、今日は違うんだと言い聞かせたのでした。

http://youtu.be/9w5N1kEoDpU

古武道コンサートツアー「愛を奏でる」
名古屋・神奈川・福岡・神戸
http://columbia.jp/kobudo/index.html

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« DUO | トップ | 鍵泥棒のメソッド »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。