ymknkiブログ

ymknkiのブログです。

自己処理めんどくさくない?

2017-06-19 23:05:09 | 日記
脱毛クリニックなどで施術して、「永久脱毛完了!」と思っても、のちのち、絶対毛が生えないかというと、必ずしもそうとは言えません。
毛には毛周期が関係する為、処理期間には眠っていた毛が、何日か経ってからひょっこり生えてくる事もあります。
施術の度に間違いなく毛の量は減りますが、油断せずにワキをこまめにチャックするようにしましょう。

2014年から首都圏を中心に店舗数を増やしていっている全身脱毛専門のお店「キレイモ」。

ともちんの写真や「痛くない脱毛」という大きな文字の広告を目にしたことがある女性は多いと思います。「医療脱毛」と「脱毛サロン」は、一体何が違うのでしょうか?医療脱毛は、レーザーを使い医師や看護師が脱毛施術します。後々、処理が不要の永久脱毛が可能です。また、脱毛サロンでは医療脱毛で使用している照射の光が強力な脱毛機器は使用できないこととなっています。 医療脱毛と比較すると効果では勝てませんが、その分、痛みが軽減され肌の負担も最小限に抑えられるため肌に優しい脱毛サロンの方を選択する方も少なくありません。
脱毛サロンに行くとなれば、つるつるの脇や足が手に入るし、施術してくださるエステティシャンの方といっぱいお話できるし、いいことばかりだと思います。しかしながら、デメリットもあり、費用がかかってしまうことです。


そして、脱毛サロンによっては、強く勧誘されてしまうこともあります。



しかし、近年では、強引な勧誘は禁止されているので、強い意志を持って断れば大丈夫です。
脱毛前は毛抜きで自己処理していたので皮膚が傷ついて乾燥肌になってしまっていたようですが、キレイモに通い始めてから実際に自分でも実感できるほど肌全体の潤いが戻ってきました。キレイモにはお試し体験コースがないのですが、現在、初月0円のキャンペーン中なので最初の9

500円が無料です。月額プランで申込み2ヶ月目まで(上半身・下半身1回ずつ)通ってみると全身脱毛が1回終了するので、2回ほど通ってみるのも良いと思います。デリケートゾーンの脱毛を脱毛サロンですると、キレイに仕上がる上に、肌トラブルが起きる可能性も低いです。しかし、脱毛サロンの全てがデリケートゾーンの脱毛は対応できない所もあるのでウェブサイトなどで確認する必要があります。デリケートゾーンを脱毛するとなると恥ずかしがる方も少なくないですが、女性スタッフが行ってくれるので、プロにしてもらうので安心できます。

ミュゼプラチナムはかなり知られている業界内最大手の脱毛専門サロンです。

全国的に展開しており、店舗数は業界でも一番なので通いやすくて人気です。
店舗間の移動も自由ですので、ご自身のスケジュールによって予約できます。

高いテクニックを有するスタッフが所属しているため、脱毛中も安心です。

シースリー 京都
初めのカウンセリングの際、私がすごく考えてしまったのでどの脱毛プランにするか決めるのにとても時間がかかったのですが、それでも嫌な顔一つせず親身になっていろんな脱毛プランを提案してくださいました。

脱毛中も会話が弾んであっという間の2時間でした。キレイモは担当制ではありませんが気に入った方について貰った場合、次回もその人を担当にしてもらうことは可能とのこと。

特にデリケートゾーンをいろんな人に見られたくない場合にもいいですね。脱毛を自宅ですることもでき、その場合には、自分でしたい時に脱毛が行えるので、便利です。


剃刀を使って自分で処理するのが定番ですが、お肌に対してやさしく他にも処理が簡易にできる方法として、脱毛剤を使う方法もあります。
脱毛も技術の進化の恩恵を受けており、多くの種類の脱毛剤が流通しており、その脱毛法には、毛を毛根から抜いたり、溶かしたりするものもあります。脱毛エステを受けた時、ひどい場合火傷することもあると耳にします。

光脱毛は脱毛エステでも主流に使われていますが、黒い色により反応する装置で、日焼けがあったり、濃いシミがある場所は火傷することも考えられます。
日焼けやシミの濃い部分は当てないようにしますが、日に焼けないよう日頃から注意することをお勧めします。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 目指せ!キラキラ女子 | トップ | 男性がドン引きする女性のム... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。