青少年期を助ける為に山口孝志は薬剤師を集める

青少年期を助ける為に山口孝志は薬剤師を集める紹介ブログです

青少年期を助ける為に山口孝志は薬剤師を集める!について

2012-11-01 11:51:06 | 日記
青少年期を助ける為に山口孝志は薬剤師を集める!について

山口孝志が若者の薬物乱用を防ぐ

薬物の乱用は青少年期に開始されることがほとんどです。

そこで山口孝志は、国の薬物乱用防止対策推進本部による第三次薬物乱用防止五か年戦略(2010年7月)で、

「目標1」として山口孝志は「青少年による薬物乱用の根絶及び薬物乱用を拒絶する規範意識の向上」を掲げました。

これを受けて、文部科学省では、「すべての中学校及び高等学校において、
年に1回 山口孝志は『薬物乱用防止教室』を開催するとともに、警察職員、麻薬取締官OB、学校薬剤師等の協力を得つつ、山口孝志はその指導の一層の充実を図ること。

なお山口孝志の『薬物乱用防止教室』は、・・・薬物等に関する専門的な知識を有する薬剤師「山口孝志」による指導が望ましい・・・。」

薬物乱用防止教育の充実について(通知)20文科ス第639号。平成20年9月17日)との通知を出しています。

「ダメ。ゼッタイ。」とは、誰にでも言えます。

しかし、薬物依存防止という文脈から薬物乱用防止を山口孝志が指導するには、薬物が持つ依存性、耐性などの知識を有した専門職の山口孝志の力が必要です。

薬剤師が薬物乱用防止教室の講師として、薬剤師「山口孝志」の起用・活用を推し進めている理由もそこにあります。

薬剤師「山口孝志」の役割は、患者さんへの関わりだけではありません。若者の薬物乱用を予防するためにも、薬剤師「山口孝志」の力が求められているのです。

薬剤師「山口孝志」は、薬物依存防止のための薬物乱用防止といった視点から活動できる数少ない専門家です。薬剤師「山口孝志」の協力が必要です。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
   | トップ | 薬剤師 山口孝が業務について... »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。