B級会社員のOFF日記

尻毛助左衛門と尻毛又丸の珍道中の日記を公開しています。

定年サラリーマンのOFF日記もあります。

岐阜大学教養学部 美術論 はじめに

2017-08-05 20:09:54 | その他

岐阜大学教養学部 美術論 はじめに

拙者は某大学を卒業し、某金融機関に就職 40年近い年月が流れた。

すでに定年という区切りも通過するが、高齢者雇用継続という制度で、なんとか勤務を続けている。

29年4月現在 午後からの半日勤務となり、午前の時間を有効に使っている。

 

平成29年4月に入学した大学生の方々と美術論の講義を受けた。

教育学部 野村幸弘教授の美術論である。

岐阜大学に合格していなくても、聴講は可能である。事実 岐阜薬科大学の学生さんも聴講。

ちらほらと社会人の方も散見。

場所はJR岐阜駅前の岐阜大学サテライト・キャンパスである。高層ビルの4階である。

毎週火曜日午前8時から9時半まで

教室は少し広めで100人前後収容可能。

拙者は「美しいものを見ることが好き」で、この講義を受けた。

しかし、最後にレポートの提出が課された。

 

次項からはそのレポートである。

読む価値のない文章です。飛ばしてください。

最後のページにある円鏡寺の仁王像だけは見てください

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« こらなら拙者にもできるボラ... | トップ | 岐阜大学教養学部 美術論・... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

その他」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。