B級会社員のOFF日記

尻毛助左衛門と尻毛又丸の珍道中の日記を公開しています。

定年サラリーマンのOFF日記もあります。

紀伊半島一周旅行・・・青春18きっぷシリーズ(その六)・・・朝早すぎて、巫女さんはまだ出勤せず 速玉大社

2017-08-10 20:36:49 | OFF日記

紀伊半島一周旅行・・・青春18きっぷシリーズ(その六)・・・朝早すぎて巫女さんはまだ出勤せず・・・速玉大社

 

翌日も天気は快晴であった。

紀伊勝浦0745発 普通列車 新宮行きに乗車する。

新宮 0807着。知らない町に降りる。

地図を見ると、速玉大社は遠くない。

所持金は少ない。

but・・・タクシーはワンメーターの範囲と判断し、目の前のタクシーに「速玉大社へ」と告げる。

ワンメーターでなかったが、900円也。

(又丸)  「昨日と同様、人がいないではありませんか?」

(拙者) 「早すぎるのも考えものです。巫女さん一人いないではありませんか。」

(又丸) 「巫女さん目当てですか。」

(拙者) 「そんなことはないですよ」

(又丸) 「本当ですか?そういうことにしておきましょう」

 

 梅丸(拙者)の句  「朝まだき 巫女はいずこと 右左」・・・・失礼しました。

 

これで、熊野三山のうち「那智山」「速玉大社」を制覇。

Wikipediaによると、速玉大社はもと近隣の神倉山にあったのでこちらを「本宮」、現在地の方は「新宮」と呼ぶ。

駅名は「新宮」である。駅名の由来がわかりスッキリする。

お詣りして速玉大社をでると、先ほどのタクシーが待っている。タクシーはもう利用しないふりをして、バス停に行く。

(又丸) 「ここまできたので本宮に行きましょうよ」

(拙者) 「バス代は高いぞ。又丸の残金はいくらある。?」

(又丸) 「まだ、これだけありますよ」

(拙者) 「それだけでは 全然足りませんよ。」

(又丸) 「熊野本宮は市内均一料金ではないのですか」

(拙者) 「片道1500円近くかかりますよ。」

(又丸) 「へえ、知りませんでした。お金貸してください。後5分で本宮へ行くバスが来ます。行きましょうよ。」

拙者は財布の残金を見て考える。なんとかなるか、と。

 

又丸は元気に乗車する。拙者は少し不安な気持ちで乗車する。

 

 熊野川に沿ってバスは走る

 

 

(次回へ続く)

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 側溝転落事件(下)・・・医師... | トップ | 紀伊半島一周旅行・・・青春1... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
速玉大社 (Komoyo Mikomoti)
2017-08-12 08:59:57
お久しぶりです。無事、生きてます。

熊野三山、すべて巡ったのですね。
私は、速玉大社は沿線だったので、寄りましたが、
本宮は歩いていける距離ではなかったので断念。
那智を目指しました。
(昔、ドライブ旅行では、行ってますけどね。)

巫女さんに会えなくて残念でしたね。

ブログ村、ポチ。
無事の生還を喜ぶ (助左衛門)
2017-08-14 21:28:41
奈良交通の路線バス
大和八木駅から熊野本宮経由で新宮駅行き・・・日本一の昼行バス
一日3本あります。(逆のコースもあり)
その1本は9時15分大和八木駅を発車し、新宮15時47分着
料金5250円。
乗車する勇気と若さがありません。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。