gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

キャバ嬢の基礎控除、出勤してない日も… 最高裁が審理を差し戻し(産経新聞)

2010-03-05 17:53:53 | 日記
 キャバクラやクラブのホステスの源泉徴収税額算出をめぐり、報酬から差し引く必要経費を考慮した基礎控除額は、実際に出勤した日数分か、出勤日以外も含めた報酬計算期間の全日数分かが争われた訴訟の上告審判決が2日、最高裁第3小法廷(田原睦夫裁判長)であった。同小法廷は全日数分を控除できるとの初判断を示し、「実際の出勤日数分しか控除できない」と主張した国税当局勝訴の1、2審判決を破棄、審理を東京高裁に差し戻した。

 原告はキャバレークラブやパブの経営者ら。所得税法などで、経営者はホステスの所得税を源泉徴収して国に納める義務があり、その際、報酬から「報酬の計算期間の日数に5千円を掛けた額」を控除し、税額を算定すると規定されている。

 同小法廷は「報酬の計算期間の日数」について、「期間の初日から末日までの連続性を持った概念」と厳格に解釈。国税側の主張を退けた。

【関連記事】
キャバ嬢500人がラオスの子供たちを助ける!
キャバクラが不況で“熟女パブ”に
キャバ嬢労組が発足 セクハラなどの相談受付へ
人気現役女優を揃えた高級クラブで役員交代の裏事情
百花繚乱!? 現役AV女優キャバクラ大盛況のワケ
黒船か? 電子書籍の衝撃 揺れる出版界

阿久根市長に知事が苦言「公人として説明を」(読売新聞)
<ワンピース>史上最多の初版300万部(毎日新聞)
<国公立大>2次試験前期日程始まる 22万9741人受験(毎日新聞)
女性の更年期の悩み 増える内臓脂肪 メタボに注意(産経新聞)
小林議員の証人喚問要求=共産・穀田氏(時事通信)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 核持ち込み「密約」断定でき... | トップ | フラット35の金利低下=住宅... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。