乳がん、抗がん剤治療、その後の妊活日記

36歳の新婚で乳ガン発覚、治療のこと、その後、無治療にして妊娠を望む今の日記

ある人のガン克服治療録

2016-12-20 18:26:29 | 日記
夜勤明けから目覚めて、ボ~っと、半分寝てる脳でネットサーフィンしていたら、こんな記事を見つけた。

「2月に、父が地元の大きな病院で肺がんと悪性リンパ腫で最短余命2ヶ月と言われました。
手術、抗がん剤、放射線治療しか残されていない。って言われましたね。
それは嫌だと伝えると、みすみす殺すようなものだ。という反応でしたね。
三大治療は無視させていただいて、その後、ビワの葉茶、重曹とクエン酸で炭酸水を飲んでもらい、風呂で温まり、ラドンミストに入り、CBDオイルを1日に3回舐めるというのを取り入れて、7ヶ月が経ち、本日、肺がんは消えていると分かりました。
首にできていた、腫瘍の塊もすっかり無くなりました。
西洋医学を否定はしませんけれど我が家では、ガンに対しては
手術、抗がん剤、放射線はゼッタイ嫌だという思いがあったので
こういう方法にしました。医療添付文書に毒薬と書いてあって
二次的にガンになるとも書いてあって副作用で死ぬ場合もあるのを知っていたし、イペリット系抗がん剤は余った兵器のマスタードガスから作られているのも知っていたので抗がん剤をやりませんでした。
なので髪の毛はありますし、食事も普通にとっています。
お上があまりにダメゼッタイというから、CBDオイルを海外から取り寄せました。。
実践報告まで。」

CBDオイルて何だろうと調べてみたら

「CBDオイルとは、産業用大麻(ヘンプ)の茎や種からから抽出された成分・CBD(カンナビジオール)を飲用できる形に加工したものです。
大麻の葉や花にはマリファナとして用いられるTHCという精神変容を引き起こす成分が含まれていますが、茎や種からから抽出されたCBDオイルにはTHCが含まれていません。そのため、THCによる精神変容に悩まされることなく、成分を摂取することができます。」
とあった。
さまざまだが、私が見たのは9,800円で売っていた。普通にヤフーで買えるようだ。




こんな自己治療ができるなんて、すごいなぁ。私はこういた東洋医学的なものも、とってもいいと思う。そもそも東洋人なのだから、こちらのほうが身体に合いやすいのではないかと思う。
しかし、では実際にやるかと言われると、こういったものを自己判断でやるのは、やはりこわい。
やっぱり保険適応のエビでンスのある手術、抗がん剤を選んだな。
でも胸はなくなったし、髪の毛は薄くなったし、子宮卵巣機能も停止してるし、、、失ったものも多いのも事実だ。

これからも、自分に合うメリットとデメリットをしっかり選択して生活していこう。

とりあえずビワの葉茶でも飲んで再発予防しとこかな~。




クリスマスの雰囲気に流され、100均で無駄遣いしてまった。



「おばさんが、ぼくに変なものかぶせるんです。」

と、ふてくされ顔。



ポチっとしていただけると励みになります。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村


にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 妊活へ
にほんブログ村




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« だいたひかる | トップ | 年賀状~ »

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL