乳がん、抗がん剤治療、その後の妊活日記

36歳の新婚で乳ガン発覚、治療のこと、その後、無治療にして妊娠を望む今の日記

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

抗ガン剤治療中、言われたくない言葉

2017-06-09 21:38:26 | 日記
本日、会社の先輩が抗ガン剤の初回投与をして3日目だ。

3年前を思い出すと、FECという3種類混合の抗ガン剤を入れたときに、3日目くらいまでにすごい筋肉痛が首+肩+背中に現れて、あまりに酷いので首が1ミリも動かせず、困った日が毎クールあった、、、


昨日、同僚とメールでその先輩の話になったが、『今まで通り普通に会社の愚痴でもメールしようかな』と彼女は言っていたため、
人それぞれだが、抗ガン剤で体は怠いし、味覚障害で気持ち悪いし、何より生命予後ばかり考えてしまう状況で、何不自由なく仕事をしている同僚の愚痴を聞かされるのは、どう感じるか考えたほうが良いのでは?
普段の愚痴を言ってはいけないとは言わないが気持ちの波を探ってからのほうがいいとだけ伝えた。



その話で思い出したのだが、
抗ガン剤治療中に聞きたくない言葉があった。
たくさんあったのだが、やはり一番は

『未来の話』

だ。

私の治療中はオリンピックが近い未来にあり、よくその話題がでた。
その度に「私はその頃死んでいるかもしれないから私には関係ない話だ」「私にはない未来の話などしないでほしい」とよく傷ついた。


私の周囲の様子を見た限り、ガンと診断され、辛い状況になった時、
とにかく慰めてほしい人もいれば自分の気持ちをひたすら聞いてほしい人もいるように見えたが、私は、「ふてくされ」させて欲しかったように思う。


あの時、目一杯、私を「ふてくされ」させてくれた、母親と家族みんなに、感謝だ。




話変わって、
つむ猫様はおニューのフリフリが大変お気に召したようで、水入れには突っ込んでベタベタになるし、夢中になって追いかけて机が見えておらず腹を強打するし、あまりに危ないので、食卓を撤去して、つむ様の遊び場を確保した。

まったく、世話が焼けるゼ。

胴体がふくよかに見えるが、久々に測った血糖は60台と、いたって健康体だ✨

そういえば、今月自分の健康診断がある。。
中性脂肪などなど、つむ様の心配をしている場合ではないな。。。










ポチっとしていただけると励みになります。


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 妊活へ
にほんブログ村


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日立市 | トップ | 抗ガン 人参ケーキ »

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL