黒歴史をこっそりつづるブログ

黒歴史を黒歴史にしないために、、、

関ヶ原の戦いの新解釈が面白い

2017-05-15 16:24:36 | 日記
最近の研究だと関ヶ原の戦いは、東軍が勝って当然みたいな認識になっているみたいね。

まあ、大将が家康と光成では格が違いすぎるのですが、それでも精力的には東軍と西軍では決定的に違うというわけではないので、互角と見えなくもない。

こういった戦いの解釈とか認識については、時代が変わると意見も変わるのが面白い。だから、後年にはまた違った考え方になっている可能性も高いという。

家康の根回しってスゴイよね
実際のところ、関ヶ原は戦いが始まる前に決着がついていたという意見も根強いのです。

石田光成が西軍の大将になったというのも微妙ではあるのですが、その辺りの心理的な駆け引きも含めて動いていたのだろなっていう感じでしょな。

実際、豊臣と縁が深い武将とかも関ヶ原では東軍についていたりとか。その辺りのことも含め、非常に人間関係も面白かったりするわけではあるかと。
ジャンル:
おもしろい
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
   | トップ | メジャーリーガーの給料に思... »

あわせて読む

日記」カテゴリの最新記事