スポーツトレーナーによる心身健康方法

トレーナー、経営者としての知識と経験を社会貢献に役に立てれば

自分で人生の責任を

2016-10-20 07:30:19 | 生活
進路先を決める時期がやってきました。この時期になると必ず「スポーツトレーナーになるのが夢なので御社に就職させてください」と尋ねてくる大学生・高校生がいます。大学生に関しては、まだ就職先が決まらないのでとりあえず就職先を決めておきたい。高校生に関しては、スポーツへの憧れからで現状の仕事内容についてを親ともども理解していません。昨年の経験があるので、弊社は高校生の採用は今後予定はしません。以前の私なら、進路で悩んでいる学生に対して、いろいろ考え行動しましたが紹介した会社を1か月でやめた人間もいるので、今はまったく行っていません。以前も話をしましたが
、人と積極的に交わることを止め、社会に対しては常識の責任を果たす生き方を選択した結果、精神的に楽になりました。友人がいない私ですが、寂しくはありません。自分で決めた人生進路ですから。そう決めれば、現在の苦難は全て自己が招いたことであり、解決もするのも自分です。
ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 脂肪は悪者ではない | トップ | 東京オリンピックがしらけて... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。