スポーツトレーナーによる心身健康方法

トレーナー、経営者としての知識と経験を社会貢献に役に立てれば

他人に自分を見てもらう大切さ

2016-11-08 07:42:32 | ビジネス
「10年先を見なさい」昨日、社会保険労務士の先生から教わった言葉です。多くの中小企業の経営者は現状の課題解決で精一杯で、10年先の事を考える余裕がないとのことです。正しくその通りで、確信を突かれ返す言葉がありませんでした。ただ私は、未来手帳というものを中学生の書くのが習慣になっていて20年先までは、予定が入っています。そして今、中学の時のことを思い出すと目標は達成していませんが、似たような目標は達成しています。しかし昨日の社会保険労務士の先生が私に言ったということは、私を客観的に見て10年先を観てないように感じたのでしょう。自分では目標に向かって行動しているつもりだったのですが、第三者から見れば現状の課題克服で精一杯に見えたのでしょう。「客観的に見てもらう」絶対に必要まことです。
ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 仕事に対する考えの違い | トップ | 面白そう »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ビジネス」カテゴリの最新記事