H16会

H16会 案内・情報

H16会100回記念&俊ちゃん一周忌追悼コンペ

2017年07月31日 18時30分04秒 | コンペ

このコンペはいつから始まったのでしょうか?
一説によるとユキの結婚式の後、久々に集まってゴルフをたのが始まりだとか
H高校卒業後40年以上経っても毎月集まる絆の強さは他はあまりないでしょう。
100回目のコンペ
大きな節目となるでしょう。
これからもず~と続けられるように皆様お元気でいて下さい。
こんなことを言う年齢になってきました(笑)

もう同級生の中でお別れした方が何人かいます。
その中の一人が俊ちゃんです。
きっと元気にゴルフに復帰してくれると信じていました。
なのに・・・・
病院で最後に顔を見てからもう1年が経とうとしています。
君の分まで僕らはゴルフを楽しみます。
コンペを見守っていて下さい。

コース   ジャパンビレッジ

開催日  7月30日(日)

スタート  西 8時06分スタート → 南
       NP 西3・8 南2・6  DC 西2・6 南7・9

費用    プレー費 約11,000円 モーニング、昼食、会食、賞品付
       参加費  2,000円  お楽しみ券 5枚で2,000円のみ

賞品    優勝、準優勝、3位、6位、9位、BB賞と別に全員に空くじなし賞品がもらえる抽選会あり
       賞品の一例、『俊ちゃんが結婚記念日に毎年飲んでいたフランス産の赤ワイン』
       ステーキ肉、すき焼き肉、ギョウザ、大福餅、豚まん、 各2個
       ダンロップGCの無料プレー券 など豪華賞品が多数用意されています。

ご注意   これらの賞品は現在の21名参加を前提に準備されたものですから
       キャンセルで人数が減ると賞品が半減してしまいます。
       

現在の参加者
      上野智、豊田、金森恵、保倉人、太田、佐藤、
      田中、松崎、新井、大野、金森、保倉、
      日比野、竹内、六辻、酒井、長谷川、徳原
      正井、板倉、佐合、

      組み合わせは当日発表とさせて頂きます。
      お楽しみ券は俊ちゃんの誕生日の9月6日にちなんで、6位と9位は誰だ!?です

まだ枠はあります。どうぞ多数ご参加下さい。


俊ちゃんを偲んで
俊ちゃんが好んでいたブルーかピンクのウエア
もしくはブルーかピンクの帽子でも何でもいいので身に着けてプレーしたいと思います。
どうかよろしくお願いします。





初めてH16会に参加した時から今までの思いでをコメント欄に書き込んで下さい。




 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (11)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第99回H16会ゴルフコンペ... | トップ | H16会第100回記念・俊ち... »
最近の画像もっと見る

11 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
俊ちゃん追悼ブルーDAY (ACE)
2017-06-23 13:41:16
俺の記憶が正しければ、1992年12月の俺の結婚式の翌年からスタート だから来年は25周年記念大会や~

ところで、次回の100回&俊ちゃん追悼コンペですが、俊ちゃんを偲んで、俊ちゃんが好きだったブルー系を何処かに付けてプレーしませんか ウェアでも、帽子でも、小物でも何でも良いので一つブルーや水色を身に着けてプレーしましょう

俊ちゃん、当日は晴れてスカイブルーの空の元でコンペが開催できるように そちらで神様にお願いしといてくださいね
おさらい (KC)
2017-06-26 00:28:48
H16会の発足については、今までに何度か話題になっていますが、第100回を迎えるにあたって、改めてご披露します。
(物忘れが多くなってきた人もいるようなので)

ユキの言う通り、1992年(H4年)12月のユキの結婚式に集まった阪南のメンバーの中で、ゴルフの話になったのがコンペをするキッカケらしきものです。

記念すべき第1回は、1993年5月4日にレイクスワン
CCで行われました。
参加者は12名でダブルぺリアの競技でした。
当時、小生をはじめ初心者が多数で、12名の平均スコアはなんと116!
ベスグロが96(2名)で、あとの10人は3ケタのスコア103~135.。
優勝はベスグロのSHO。(もう1人のベスグロははせはせ)
その時、俊ちゃんは103.。
他の参加者は、六辻、嵐田、日比野、辰巳、新井、芝本、H田、板倉(幹事)。
トモ(上野夫人)は第2回(同年8月14日)から参加しています。

あれから24年。  よく続いたものです。

改めて前幹事の板倉氏とそれを引き継いでくれた保倉氏のご尽力に感謝しています。
これからもH16会コンペが続いていくよう、小生も微力ながら協力していきたいと思っていますので、みなさんもよろしくお願いします。


いやぁ~ おおきに (もんごるぅ~✌)
2017-06-26 10:55:23
KCのように正確に記録してくれる人がいてホント良かった❗(^○^) YASU KC (+ACE ) これからも 😃✌よろしくお願いします🙇⤵
もんごるぅのデータ (KC)
2017-06-27 18:53:40
ご披露した第1回の記録の出所は、もんごるぅが記録していたデータです。記録していたパソコンのデータが破損したと言って、いつだったか忘れましたが、もんごるぅからペーパーでもらった記録です。
第1~5回の成績の1ベージ目だけペーパーで残っていたということでしたよ。
ヤスに幹事を引き継いだ頃かなあ?
それから、ヤスと俊ちゃんが記録をとってくれるようになり、小生が引き継いだというところです。
だから、第1回から今までの記録は全部持ってないので悪しからず。
スマン (もんごるぅ~✌)
2017-06-27 21:32:34
俺のせいや ごめんm(__)m 板倉事務所も破綻の危機があったからな ま 続けたことでチャラにしてくれい(*^^*) 君ら 身体はホンマにケアせなアカンよ❗(^-^)
いつ引き継いだ? (YASU)
2017-06-27 23:57:27
もんごるぅから引き継いだ覚えがなく
あっちのコースがええよ~
こっちのコースもええよ~
と口出ししてたらいつの間にか世話役になってたわ

俊ちゃんはスコアのデータをまとめてくれて
HCの計算するのに助かったわ

KCは俺が大雑把な仕事するのを
細かくチェックしてフォローしてくれる

YUKIは何もしないけど
議論が行き詰まった時に発想の大転換を言い出す。
これが面白い

世話役皆で相談しながら運営して来たね。
あ~だ~こ~だ~言いながら

これからも長く続けたいな~~~~!

誘われて (YASU)
2017-06-28 00:16:22
俺がH16会に参加したのは
もんごるぅが熱心に誘ってくれたおかげや

でも直前に誘ってくれるのでもう予定が入っていて
行けなかったことが続いた
1ヶ月以上前に誘ってよ~
と言っていたらやっとそうしてくれた。

会の輪を広めた、もんごるぅの功績を称えましょう!!

初めて参加したのはレイクフォレストやったわ
皆暖かく迎えてくれてハーフ3時間のだらだらプレーやったけど
楽しい会話がいっぱいで退屈しなかったわ

何人も握ってくれて恐縮したわ

いつの間にかワイフも一緒に参加させてもらって
ワイフも楽しく過ごせて感謝しています。
特にもんごるぅやはせはせ、むっちゃんなんかは漫才しながらゴルフしてると喜んでいます

そんな俺にもピンチがありました。
腰椎椎間板ヘルニアで手術した時です。
半年、クラブが握れませんでした。
ようやく振れるようになってもDRは200yも飛びません。
7wで150y
もうどうなるんやろ?と不安でした。
でも回復してやる!とリハビリを頑張りました。

H16会の皆さんから早く戻って来てや!
と励ましてもらったのが嬉しかったです。

健康には感謝です。
俊ちゃんの分まで俺は回るぞ~!
天国から見守っていてやー





いやぁ~ おおきに 2 (もんごるぅ~✌)
2017-06-28 09:12:38
取り上げてもらって恐縮ですm(__)m まー以前も言ったが私のH 16への最大の貢献はYASU をH 16に引き入れたこと 並びに 世話役を引き継いだこと やね。 YASU も男気があるから「頼むわ🎵」「よっしゃっ❗」で決まり! その後の隆盛は みんなご存じの通り(*^^*)

松っつあん も YUKI に きっと めっちゃ 感謝してるで そやけど、YUKI 松っつあん 誘ったこと 忘れてるんちゃうかな\(^o^)/
第一回大会 (はせはせ)
2017-07-18 13:08:36
KC、よく記録もっていてくれました。私がべす黒だなんて?何となく記憶はあります。
レイクスワンも覚えています。
もう25年ですよー
ということは、ゴールデンウイークで大渋滞
カーナビがなく、俺について来いと言って
夕日に向かって明石方面に走った日かな?

懐かしいなあ・・・・・・これからもいっぱい思い出を
作って、楽しみましょう。
とりあえず、当日はブルーの服でゆきます。
こんなことがあったなあ… (KC)
2017-07-24 19:48:50
サラリーマンになって、何度目かの初夏を迎えた頃だった。
KCは、好意を寄せていた女性から、やっとのことで会社帰りに飲みに行く約束を取り付けた。
いきなり2人きりでは緊張するというので、仕方なく2対2で行くことになった。
付き添い人として、急遽、Shun2にお願いした。
向こうの付き添い人は彼氏がいる女性だというので、じゃあShun2でも大丈夫だろうと…。

ミナミの待ち合わせの店に足を速めていると、もう直ぐ着こうというところで、Shun2とばったり。
互いが「あっ!」となる姿を目した。
二人は同じスーツを着ていたのだ。
紺やグレーのスーツなら未だしも、選りにも選って、生なりの白地に大柄の黒のグレンチェック。まったく同じJプレの麻のトラッドスーツだった。
当時からJプレスはアメリカントラディショナルのメーカーとしてアイビーファンに支持されていた(VANはもう少し前。VANは高校を出て1年後に倒産。SASが勝手にシンドバットで華やかにデビューした1978年のこと)。
流行りの男性ファッション誌で、「夏、麻を着こなす」とか、「シワを楽しめる大人になりたい」といったキャッチコピーのついた1着に心を引かれた二人がそこにいた。
ひとりなら、ちょっとおしゃれ?なサラリーマンなのだが、2人揃うと途端にどこかのユニホームのように見えた。

着替える訳にもいかず、しょうがなく二人で待ち合わせの場所へ。
バツが悪そうな二人の登場は、先に来ていた女性たちの笑顔を、一瞬にして怪訝な顔に変えた。
「なんでペアルック?」と彼女の付き添い人が一言。
こっちが聞きたいぐらいだったが、喜べない偶然としか言いようがない。
恥ずかしさを笑って取り繕ろおうとしたが、顔が引きつっているのがわかった。

男同士のペアルックは何とも言えない雰囲気をかもし出す。
まわりに気付かれないように、ひとりが上着を脱ぐことにした。ズボンはテーブルの下なので立たないとわからない、とKCは自分を納得させた。

Shun2は何もなかったように、会話を盛り上げてくれた。3人は楽しそうだった。
KCは彼の特技に感謝した。でも自分はそれどころではなかった。最初から変な気を使い、楽しめるまではいかなかった。
この状況を変えるにはShun2と離れるしかないと思いながら、隣に座っていた。

どれぐらい時間が経っただろう。
店を出たところで、Shun2はそんなKCの気持ちを察してか、「じゃあ、あとは若いお二人で!」と、仲人のように言ってニヤリと笑った。
それを聞いた彼女の友人は少しあわてた顔をしたが、うなずいてShun2の方へ寄った。

KCは透かさず右手を挙げて「じゃあ」と応えた。
Shun2は、それを確認すると彼女の友人を促しながら背中を向けた。

KCは思った。「So Smart!」

雑踏の中へゆっくりと消えていった二人が心なしか楽しそうに見えたのが少し気になった。

Shun2と一緒にいて、早く離れたいと思ったのは、この時が最初で最後だった。



些細なことを長々と書いてスミマセン。
俊ちゃんとの青春の思い出の1ページです。
遠い記憶を元に書いたので、一部フィクションが入っていることをご了承下さい。

コメントを投稿

コンペ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。